*

IPV6対応について

IPv6 IPoE対応プロバイダで通信速度は速くなる?

投稿日:

IPv4からIPv6で通信速度がアップするというのは間違い!?

どうも、ドコ太郎です。

自宅のネット回線を光回線にしたのに、
思ったより通信速度が出なくて困っているという人も少なからず居ると思います。

そんな場合に、ネットで通信速度を上げる方法について調べると、
「通信方式をIPv4からIPv6に変えると良い」なんて書かれていたりします。

実際光回線事業者やプロバイダの公式サイトでは、
「IPv6対応」と大々的に宣伝されていることがあります。

確かに現在主に使われているIPv4から次世代のIPv6に変えることで、
通信速度が速くなる可能性が高いです。

しかし実は、
IPv4やIPv6そのものが通信速度に大きな影響を与えるわけじゃないんです。

そもそもIPv4やIPv6は「IPアドレス」のことで、v4はバージョン4、
v6はバージョン6ということを表しているんですね。

ちなみにIPアドレスというのは、文字通りインターネット上の「住所」で、
インターネットを利用する際の身分証明書のような役割を果たしています。

それからバージョン4とバージョン6の間、
バージョン5に当たるIPv5もあるにはあります。

ただこのIPv5は、実験段階で終わってしまい、実用化はされていません。

難しい話は全部すっ飛ばしますが、IPv4は約43億個しかありません。

現在の世界の総人口が約70億人ですから、
IPv4では1人1個IPアドレスを割り当てることができないんです。

このIPアドレスが足りないという問題を解決するために開発されたのが、IPv6です。

IPv6は「2の128乗個」すなわち約340澗個も使うことができます。

「澗」は「兆」の6つ上の単位で、
340澗は地球上の石ころすべてに割り当てても余るぐらいの数です。

ですからIPv4がIPv6に変わることは、IPアドレスが枯渇する心配が無くなっただけで、
通信速度アップとの直接的な関係は無いんですね。

ただIPv4では通らないとインターネットに繋がらない「網終端装置」を、
IPv6では通らなくても良かったりします。

この網終端装置は、夜間や休日など利用者の多い時間帯には混雑しやすく、
通信速度低下の大きな要因となります。

また現状ではIPv4がまだまだ主流であり、IPv6を利用している人は少ないです。

いずれにしてもIPv6を使うことで「混雑を回避できる」ので、直接的ではないにしても、
通信速度アップには繋がるの事実です。

重要なのは接続方式

通信速度に大きな関わりがあるのが「接続方式」で、
IPv4では「PPPoE」という接続方式が採用されています。

このPPPoEという接続方式が、通信速度を低下させている大きな要因の1つなんです。

こちらも難しい話は省きますが、
PPPoEには最大200Mbpsという速度制限が設けられています。

光回線の最大通信速度が100Mbpsだった頃は何の問題もありませんでしたが、
最大1~2Gbpsとなった現在ではこれが大きなネックとなります。

フレッツ光やドコモ光などは最大1Gbpsですが、
実際に測ってみると速くても100Mbps、遅いと数Mbpsしか出ていません。

最大1Gbpsなら減退したとしても500Mbpsぐらいは出そうなものですが、
それがせいぜい100Mbpsしか出ないのは、この速度制限のせいだったんですね。

IPv6対応のプロバイダでも、接続方式としてPPPoEを使っているところがあります。

この場合、最大200Mbpsの速度制限は設けられているわけですから、
IPv6でも通信速度はIPv4とそれほど変わらないということになってしまいます。

通信速度をアップさせるのであれば、同じIPv6対応でも、
接続方式が「IPoE」のところでないとダメです。

IPoE方式だと、最大200Mbpsの速度制限は設けられていませんから、
通信速度の大幅アップが期待できるというわけです。

IPoE方式でも通信速度はアップしない!?

じゃあIPv6 IPoE対応のプロバイダを選べば通信速度が大幅にアップするかと言うと、
そう単純な話でもないんです。

実はIPv4とIPv6の間には互換性がありません。

しかもIPv6は比較的最近使われ始めたものですから、
IPv6に対応したサイトやサービスがまだまだ少なくなっています。

現状IPv6に対応しているサイトやサービスは
 ・Google
 ・YouTube
 ・Facebook
 ・ネットフリックス
 ・ウィキペディア
 ・IPv6対応プロバイダの公式サイト
ぐらいです。

今のところは、インターネットが一般的に普及し始めた頃から現在まで
主に使われてきたIPv4にのみ対応しているサイトやサービスが大多数なんですね。

IPv4とIPv6に互換性がありませんから、
このIPv4にのみ対応しているサイトやサービスをIPv6で利用することはできません。

要するに、IPv6に対応したサイトやサービスはIPv6で、
IPv4のみ対応のサイトやサービスはIPv4で利用することになるわけです。

IPv6 IPoE対応のプロバイダで、先に挙げたサイトやサービスを利用した場合は、
体感的にも分かるぐらい通信速度がアップするはずです。

ところがそれ以外のサイトやサービスを利用する場合は、
従来通りIPv4を使うわけですから通信速度もこれまでと同じとなります。

IPv6に対応していないサイトやサービスの方が圧倒的に多いですから、
通信速度がアップすると言ってもかなり限定的なんですね。

じゃあ全体的に通信速度をアップさせられないのかと言うと、
そういうわけでもありません。

同じIPv6 IPoE対応のプロバイダでも、
「IPv4 over IPv6」に対応しているところを選べば良いんです。

IPv4 over IPv6では、特別な技術によって、
IPv4にのみ対応しているサイトやサービスをIPv6で利用できるようになっています。

なので、ほぼ全てのサイトやサービスをIPv6で利用できるわけですから、
全体的に通信速度アップが期待できるというわけです。

IPv4 over IPv6対応プロバイダ

そうなると、IPv4 over IPv6に対応しているプロバイダがどこなのか気になりますよね。

しかし公式サイトに「IPv4 over IPv6対応」と書いているプロバイダはほとんどありません。

これはIPv4 over IPv6に対応しているプロバイダが無いというわけではなく、
別の名前でサービスを提供しているからなんです。

IPv4 over IPv6を提供している事業者によって
 ・v6プラス
 ・DS-Lite
 ・v6オプション
 ・高速ハイブリッド
といった独自のサービス名で提供されています。

ちなみに、細かく言えば事業者ごとに使っている技術が違うんですが、
IPv4にのみ対応したサイトやサービスをIPv6で使えるというのは同じです。

この中では「v6プラス」が一番ポピュラーで、
 ・@nifty
 ・So-net
 ・GMOとくとくBB
といった有名プロバイダでサービス提供されています。

DS-Liteは知名度ではv6プラスに劣りますが、
 ・IIJmio
 ・インターリンク
 ・BB.excite
 ・ぷらら
 ・ドコモnet
など比較的有名なプロバイダで利用することができます。

ただしBB.exciteについては、「excite MEC光」という光回線サービスの
プロバイダとして利用した場合のみDS-Liteが使えます。

フレッツ光やエキサイト光を含む光コラボレーションのプロバイダで利用しても、
DS-Liteは使えません。

v6オプションはBIGLOBEの独自サービスで、BIGLOBE光はもちろん、
フレッツ光やドコモ光などでもBIGLOBEをプロバイダにすれば使えます。

ソフトバンク系列の事業者が提供している高速ハイブリッドは、
今のところYahoo!BBでのみ利用可能です。

IPv4 over IPv6の注意点

IPv4 over IPv6に対応したプロバイダを選ぶことで通信速度アップは期待できるものの、
注意しないといけないこともあります。

v6プラスやDS-Liteなどは、基本的にオプションサービスであり、
別途申し込みが必要となります。

単にIPv4 over IPv6対応したプロバイダを選びさえすれば使えるというわけではなく、
オプションとして申し込まないといけないということです。

オプションサービスですから、光回線の料金とは別に、
月額料金が発生する場合もあります。

v6プラスは無料で利用できる場合は多いんですが、
DS-Liteや高速ハイブリッドはプロバイダによっては別途オプション料金が必要です。

またWiFiルーターを専用のものに変えないといけなかったりもします。

v6プラスだと特に専用のWiFiルーターでなくても大丈夫だったりしますが、
DS-Liteや高速ハイブリッドは専用のルーターが必要です。

プロバイダでレンタルできる場合もあるんですが、月300円ほどのレンタル料が掛かります。

自分で調達する場合には10,000円前後掛かりますし、
いずれにしてもお金が掛かるのはちょっと痛いですね。

別途お金が掛からないという点ではv6プラスが一番良いんですが、
v6プラスにもデメリットはあります。

v6プラスでは「特定のポート」が使えないため、
PS4の一部のオンラインゲームがプレイできません。

全てプレイできないわけではなく一部なので影響は少ないとは思いますが、
その一部に該当するゲームのプレイヤーにとっては大問題ですよね。

その点高速ハイブリッドでは「ポート開放」が可能なので、
PS4でオンラインゲームをプレイする場合にはこちらの方が向いています。

それ以外にも、自宅のパソコンに外出先からアクセスしたり、
Webカメラを遠隔操作したりといったことができなかったりもします。

このように同じIPv4 over IPv6対応でも、サービスによって多少料金や必要な機器、
できることできないことなどに違いがあります。

通信速度を重視するのであれば、
IPv4 over IPv6対応のプロバイダを選ぶのがベターです。

しかしIPv4 over IPv6対応のプロバイダを選んだことで、
思ったより料金が高くなったり、機器の買い替えが必要になることもあります。

またそれまでは普通にできていたことができなくなったりもします。

なので実際にプロバイダの乗り換えやオプション変更する場合には、今一度自分の
ネット利用環境を確認し、自分の使い方に合ったサービスを選ぶようにしましょう。

-IPV6対応について

Copyright© ドコモ光の評判はプロバイダで変わってきます! , 2018 All Rights Reserved.