*

IPV6対応について

IPv6にするにはどうすれば良い?パソコンやWiFiルーターを買い替える必要も!?

投稿日:

自宅のインターネットはIPv6で速くなる?

どうも、ドコ太郎です。

自宅で光回線を使う場合、どうせなら通信速度は速い方が良いですよね。

通信速度を速くするとなると、
回線やプロバイダの乗り換えが一番に思いつくかもしれません。

しかしそんな大袈裟なことをしなくても、
通信方式を「IPv6」に変えるだけで通信速度が速くなる可能性が高くなるんです。

回線やプロバイダを乗り換えるとなると、違約金の問題が出てきますよね。

また回線を乗り換えるとなると、当然工事が必要になったりしますから、
お金も手間も掛かってしまいます。

ところが通信方式をIPv6に変えるのは、プロバイダで契約内容を変更するだけ。

契約変更手続きの手間は掛かりますが、
回線乗り換えで工事を行うよりはよっぽど簡単に済みますよね。

またお金に関しても、IPv6を標準サービスとしているプロバイダも多いですから、
料金が高くなるという心配もありませんよ。
(プロバイダによっては有料の場合も)

IPv6に変えるとなぜ通信速度が速くなる?

通信速度が速いという評判の回線やプロバイダに乗り換えると、
通信速度が速くなる可能性があるのは何となく理解できると思います。

でも回線もプロバイダも同じで、
通信方式をIPv6に変えるだけでなぜ通信速度が速くのかは分かりませんよね。

IPv6に変えることで通信速度が速くなる理由の1つとして、
現状では「まだIPv6を使っている人が少ない」ということが挙げられます。

現在主流となっているのがIPv4で、IPv6の一世代前の通信方式となっています。

インターネットが一般的に普及し、パソコンだけでなくスマホやタブレットなど
色んな電化製品がインターネットに繋がるようになってきています。

それによって使えるIPアドレスが足りなくなるほど、
IPv4では利用者は多くなっているんです。

それに対してIPv6はまだまだ利用者が少ないです。

例えば高速道路で、交通量が多いと制限速度までスピードが出せないこともあります。

しかし交通量が少ないと、制限速度までスピードを出しても余裕ですし、
何ならそれ以上出しても走れそうだったりします。
(高速道路でも制限速度は守りましょう)

それと同じことで、利用者の多いIPv4では混雑で通信速度が遅くなることがありますが、
利用者の少ないIPv6だと混雑せず通信速度も落ちないというわけです。

IPv4には速度制限がある

IPv4で通信速度が遅くなる原因としてもう1つ、
「回線の最大通信速度とは別に速度制限が設けられている」ということが挙げられます。

回線にはそれぞれ、どんなに好条件が揃ってもこれ以上は出ないという
「最大通信速度」が決められているのは知っていると思います。

例えばフレッツ光や光コラボレーションなら最大1Gbpsですし、スマホのLTE回線だと
機種によって多少違いますが、一番速いもので最大700Mbpsぐらいでしょうか。
(1Gbps≒1000Mbps)

この回線の最大通信速度とは別に、
IPv4には最大200Mbpsという速度制限が設けられているんです。

IPv4という通信方式を使っているだけで、
本来は最大1Gbpsの光回線でも最大200Mbpsに制限されてしまうということです。

最大1Gbpsの光回線を使っているのに、スピードテストなどで通信速度を
測ってみるとせいぜい100Mbpsぐらいしか出てないことってありませんか?

通信速度は様々な要因で減退するとは言え、
最大値の10分の1まで落ちてしまうのはあんまりですよね。

実はこの最大値の10分の1まで通信速度が落ちてしまう原因が、
IPv4の速度制限だったんですね。

IPv6ではこの最大200Mbpsという速度制限が無くなりますから、
IPv4より通信速度が速くなる可能性が高いわけです。

速度低下を引き起こす網終端装置

IPv4では、インターネットに繋がる際に
「網終端装置」というところを通らないといけません。

実はこの網終端装置が、利用者の多い時間帯になると混雑しやすく、
通信速度低下の大きな原因と考えられています。

ETC導入前の高速道路で、道路自体はスムーズに流れているのに
料金所付近だけ物凄く渋滞している、みたいなことなんですね。

全ての通信が、この網終端装置を経由してデータのやり取りを行うわけですから、
混雑するのは当たり前ですよね。

網終端装置の設置者であるNTTも、混雑しないよう、増強に努めているものの、
コストの問題もあってなかなか進んでいないようです。
(プロバイダの協力もなかなか得られないみたいですし・・・)

普段はそれなりに通信速度が出ているのに、夜間や休日になるとガタっと
落ちてしまうのはこの網終端装置の混雑が原因の1つだったんです。

IPv6では、この網終端装置を通らなくてもインターネットに繋がるようになっています。

混雑しやすい箇所を通らなくて良いわけですから、通信速度が低下せず、
これまでより通信速度が速くなる可能性があるということになります。

自宅のインターネットをIPv6にするには?

IPv4がIPv6に変わることで通信速度が速くなるとして、
どうすればIPv6が使えるようになるのでしょうか?

光回線の場合はほとんどが既にIPv6に対応していますから、問題ありません。

IPv6を使うにはプロバイダが重要で、
プロバイダがIPv6に対応していなければ当然IPv6は使えません。

IPv6に対応しているプロバイダが増えてはいるものの、
現状でもまだIPv6非対応のプロバイダは存在します。

例えば私が使っているドコモ光のプロバイダだと、
「楽天BB」は今のところはまだIPv6非対応となっています。

プロバイダがIPv6非対応だと乗り換えるしかありませんが、
対応している場合にはオプションなどでIPv6の利用を申し込めばOKです。

回線とプロバイダが両方IPv6対応でも、利用者が申し込まないとIPv6は使えませんよ。

パソコンをIPv6が使えるようにする

プロバイダにIPv6の利用を申し込んだら、
パソコンの設定をIPv6が使えるように変更しないといけません。

とは言え、使っているパソコンのOSが「Windows7」以降であれば、
初期設定でIPv6が使えるようになっています。

なので基本的にはパソコンの設定変更は必要ありません。

ですが一応、
パソコンでIPv6が使えるようになっているかどうか確認する方法を書いておきます。

パソコンの設定画面から「ネットワークとインターネット」「ネットワーク共有センター」へと
進みます。

そして画面左側にある「アダプタの設定の変更」へと進み、
現在使っているインターネット回線を選択、「プロパティ」をクリックします。

表示されたウィンドウ真ん中の「この接続は次の項目を使用します」の中にある
「インターネットプロトコルバージョン6」のチェックボックスにチェックが入っていれば
IPv6が使える状態になっています。

もしチェックが入っていなければチェックを入れ、
開いているウィンドウを全て閉じてからパソコンを再起動しましょう。

IPv6が使えているかどうかを確認する

プロバイダにIPv6の利用を申し込んでパソコンをIPv6が使えるようにしても、
本当にIPv6が使えているかどうか不安ですよね。

そこで実際にIPv6が使えているかどうかを確認する方法も紹介しておきます。

確認する方法は簡単で、「http://test-ipv6.com/」にアクセスするだけ。

このサイトにアクセスして、IPv6が使えていれば2つ目の項目にIPv6アドレス、
4つ目に「あなたはIPv6接続に対応している」と表示されます。

もし3つ目の項目に「IPv6アドレスが検出されませんでした」と表示されていると、
IPv6が使えていないということになります。

忘れがちなのがWiFiルーター

プロバイダもパソコンもIPv6が使えるようにしたはずなのに、
先のサイトにアクセスすると「IPv6アドレスが検出されませんでした」
と表示されることもあるかもしれません。

この場合は、使っているWiFiルーターがIPv6に対応していない可能性があります。

WiFiルーターは結構見落としがちで、ネットで「IPv6が使えない」と質問している人でも
WiFiルーターが非対応だったということも少なくありません。

この10年以内に発売されたものであれば、IPv6に対応している機種が多いですし、
そのほとんどが初期設定でIPv6が使えるようになっていると思います。

ただ機種によってはルーターの設定を変更しないとIPv6が使えない場合も
あるかもしれません。

設定の変更方法はメーカーや機種によって違うので、
説明書で確認するか、メーカーに問い合わせてください。

IPv6でも通信速度が速くならないこともある?

プロバイダでIPv6に申し込んだのに、体感的にも、
通信速度を測ってみても速くなっていないということもありえます。

実はIPv6はIPv6でも、通信速度が速くならないIPv6もあるんです。

IPv6には
 ・PPPoE
 ・IPoE
という2つの接続方式があります。

この内「PPPoE」という接続方式だと、通信速度が速くならない可能性が高いです。

PPPoEは従来のIPv4と同じ接続方式で、
最大200Mbpsの速度制限が設けられているんです。

なので網終端装置を経由しない分速くなる可能性はあるものの、
速度制限のために体感的にはほとんどIPv4と変わらないということになります。

IPoE接続でも通信速度は速くならない?

通信速度を速くするのであれば、同じIPv6でも、
接続方式が「IPoE」のプロバイダを選ばないといけません。

IPoE接続であれば、網終端装置を経由しないのはもちろん、
最大200Mbpsの速度制限も無くなります。

ところがIPoE接続にも弱点があり、それが「IPv6に対応したサイトやサービスを
使った場合でないと通信速度が速くならない」ということです。

IPv4とIPv6には互換性がありません。

ですから、
IPv4にのみ対応したサイトやサービスをIPv6で利用することはできないんですね。

現状IPv6に対応しているサイトやサービスは
 ・Google
 ・YouTube
 ・Facebook
 ・ネットフリックス
 ・ウィキペディア
 ・IPv6対応プロバイダの公式サイト
ぐらいしかありません。

それ以外の大多数のサイトやサービスは、今のところIPv4のみの対応となっています。

IPv4のみ対応のサイトやサービスを使う場合には、従来通りIPv4で通信するので、
通信速度も従来通りとなってしまいます。

選ぶべきは「IPv4 over IPv6」

PPPoEもダメ、IPoEもダメとなるとIPv6に変えたところで
通信速度はほとんど速くならないじゃないか、と思いますよね。

しかしそんなことはありません。

同じIPv6でIPoE接続でも、「IPv4 over IPv6」というものに対応していれば
通信速度が大幅にアップする可能性があるんです。

IPv4 over IPv6は、
IPv4のみ対応のサイトやサービスもIPv6で使えるようにする特別な技術のことです。

ですからIPv4 over IPv6に対応しているプロバイダであれば、
ほぼ全てのサイトやサービスをIPv6で利用することができるようになるわけです。

IPv4 over IPv6は、提供している事業者によって
 ・v6プラス
 ・v6オプション
 ・DS-Lite
 ・高速ハイブリッド
などのサービス名が付けられています。

通信速度アップを求めるのであれば、
IPv4 over IPv6に対応したプロバイダを選んだ方が良いですよ。

ただし、プロバイダによってはIPv4 over IPv6の利用には別途オプション料金が
発生する場合があるので注意してください。

-IPV6対応について

Copyright© ドコモ光の評判はプロバイダで変わってきます! , 2018 All Rights Reserved.