*

ドコモ光への乗り換え

コミュファ光からドコモ光へ乗り換えは集合住宅ならかなりお得?

投稿日:

コミュファ光からドコモ光に乗り換える

どうも、ドコ太郎です。

インターネット回線と言うと全国どこでも使えるイメージがあるかもしれませんが、
全国で使えるのってNTTのフレッツ光と光コラボレーションだけなんですね。

それ以外の光回線の多くは地域限定で、利用できる地域が限られているんです。

例えば中部電力が提供している「コミュファ光」は、中部電力の管内である
 ・愛知
 ・岐阜
 ・静岡
 ・三重
でしか使うことができません。

ですから、現状コミュファ光を使っていて、
これら以外の地域に引っ越す場合には当然光回線を乗り換えることになります。

まあ引っ越しするしないとともかくとして、
コミュファ光から他の光回線サービスへ乗り換えを検討している人も居ると思います。

中でも、ドコモスマホとのセット割がある「ドコモ光」への乗り換えを
考えている人も少なくないかもしれませんね。

そこで、コミュファ光からドコモ光へ乗り換える場合に、
どういったメリットやデメリットがあるのか詳しく見ていきましょう。

月額料金はドコモ光乗り換えで安くなるかも

光回線の乗り換えで何と言っても一番気になるのが、
「月額料金が安くなるかどうか」ってことですよね。

引っ越しで乗り換えざるをえない場合でも、余程サービスが良くない限りは、
今より料金の高いところを選びませんよね。

引っ越しをしない場合はなおさらで、
料金が今より安くなるから乗り換えると言っても良いぐらいだと思います。

まずコミュファ光の料金ですが、割引を一切考慮しないと、
一戸建ても集合住宅も月額料金は5,250円となります。
(最大1Gbpsの場合)

他の光回線サービスでは、利用戸数などの条件が付いている場合はあるものの、
一戸建てより集合住宅の方が料金が安くなっていることが多いです。

ところがコミュファ光では、
基本的に一戸建てでも集合住宅でも月額料金は同じなんですね。

一方ドコモ光の月額料金は
 ・一戸建て・・・5,200円
 ・集合住宅・・・4,000円
となっています。

一戸建てだとほとんど変わりませんが、
集合住宅の場合には月1,200円以上も安くなります。

年間で14,000円以上安くなるわけですから、
集合住宅なら今すぐにでも乗り換えるべきと言っても良いぐらいですね。

割引を考慮すると、乗り換えで料金が高くなることも

コミュファ光には、
 ・長トク割
 ・ギガデビュー割2018
という2つの割引サービスが用意されています。

「長トク割」は、利用期間が長くなればなるほど料金が安くなるサービスです。

最初の2年間は通常料金のままですが、利用期間が
 ・2~5年・・・5%割引
 ・5~8年・・・8%割引
 ・8年目以降・・・10%割引
となります。

「ギガデビュー割2018」の方は、一戸建て限定ですが、
コミュファ光を新規申込して先の長トク割に加入すると適用されます。

長トク割とは逆に、最初の割引額が大きく、
利用期間が長くなるほどに割引額が小さくなっていくサービスです。

最初の12か月間は1,610円引きで、以降
 ・13~24か月目・・・610円引き
 ・25~60か月目・・・330円引き
 ・61~96か月目・・・163円引き
 ・97か月目以降・・・50円引き
となります。

ですから一戸建ての場合は、この2つの割引のおかげで、常に月額料金が
5,000円以下となるので、乗り換えることで料金が高くなってしまいます。

しかし集合住宅の場合は「長トク割」だけですから、最大の10%割引でも
4,000円以下にならないので、ドコモ光に乗り換えた方が安くなるんですね。

コミュファ光の割引は光電話が必須?

一戸建てでコミュファ光を利用する場合は、先の2つの割引サービスがあるので、
料金的にもお得に使えます。

しかしコミュファ光の公式サイトを見る限りでは、
光回線のみの利用ではこれらの割引サービスは適用されないんじゃないかと思います。

公式サイトには割引後の料金の一覧表があるんですが、いずれも
 ・光回線+光電話
 ・光回線+光電話+光テレビ
の料金しか書かれていないんです。

なので、恐らく光回線のみではダメで、
少なくとも光電話もセットで使わないと割引対象にはならないんじゃないでしょうか。

一戸建ての場合は、特にギガデビュー割2018の割引が大きく、
光電話どころか光テレビまでセットで付けても常に5,000円以下で利用できます。

しかし集合住宅の場合は、光回線のみでも4,000円以下にはならないわけですから、
光電話の料金がプラスされるとどうなるかは言わずもがなですね。

ドコモ光に乗り換えることでプロバイダが選べるようになる

コミュファ光に限らず電力会社系の光回線サービスでは、
基本的にプロバイダ一体型となっている場合がほとんどです。

ですから指定プロバイダ以外の選択肢は無く、プロバイダを選ぶことはできません。

その点ドコモ光では、26社の中から好きなプロバイダを選ぶことができます。

光コラボレーションでプロバイダが選べるのは珍しくありませんが、
26社というのは選択肢がかなり多い方ですね。

プロバイダによって通信速度や安定性が大きく左右されることもありますから、
回線はそのままでプロバイダだけ乗り換えると改善されることも少なくありません。

ちなみに、実はコミュファ光でもドコモ光でも、
指定プロバイダ以外のプロバイダも選ぶことはできます。

しかしその場合プロバイダ料が別になり、結果割高になってしまう恐れが高いので、
あまりオススメはできないんですね。

ドコモスマホとのセット割で通信費全体の節約に

光回線の乗り換え先を選ぶ際には、料金が安くなるということも大きいんですが、
最近はスマホとのセット割があるかどうかも大きな要因となりますよね。

ドコモ光は、大手携帯キャリアであるドコモが提供しているサービスですから、
ドコモスマホとのセット割が用意されています。

スマホで利用している料金プランによって割引額が変わりますが、
スマホ代が最大で月3,500円の割引となります。

どのみち光回線もスマホも使うなら、
セット割があってスマホ代が安くなるに越したことはありませんよね。

ドコモスマホとのセット割があるのはドコモ光だけですから、
ドコモユーザーならドコモ光に乗り換えることで通信費全体の節約に繋がりますよ。

スマホとのセット割はコミュファ光にもある

コミュファ光を利用している人はご存知かと思いますが、
コミュファ光にもスマホとのセット割があるんです。

auスマホとセットにすることで「auスマートバリュー」という割引が適用されます。

ドコモ光やソフトバンク光は、
光コラボレーションなのでほぼ日本全国で使うことができます。

しかしauひかりは、光コラボレーションではなく独自の回線を使ったサービスなんですね。

そのため関東を中心に東日本では広い地域で利用できるんですが、
西日本だと利用できない地域も少なくありません。

そこで一部の光コラボや電力会社系の光回線サービスもスマートバリューの対象とし、
auひかりが利用できない地域のauユーザーも割引が受けられるようにしているんです。

スマートバリューの割引額は最大2,000円で、
ドコモ光のセット割に比べると割引額が小さいんですね。

ところが、ドコモ光のセット割は1台しか割引が受けられないのに対して、
スマートバリューは家族で使っているスマホ最大10台まで割引が受けられます。

ですから、ドコモ光のセット割は家族で何台ドコモスマホを使っていようと、
割引額は最大3,500円にしかなりません。

しかしスマートバリューだと、最大10台まで割引されますから、
割引額が5,000円10,000円になる可能性もあるんですね。

ギガデビュー割2018とスマートバリューは両方使えない!?

一戸建てでギガデビュー割2018が適用されて、
さらにスマートバリューで家族全員分のスマホ代が安くなると結構お得ですよね。

それならコミュファ光をドコモ光に乗り換えるより、
スマホをドコモからauに乗り換えた方がお得かもしれません。

しかし残念ながら、
コミュファ光でギガデビュー割2018とスマートバリューの両方は使えないようです。

公式サイトでギガデビュー割2018のページをよく見ると、
小さく「『auスマートバリュー』適用のお客様は割引対象外となります」と書かれています。
(「」内は引用)

要するに、光回線で割引を受けるとスマホ代は安くならず、
スマホ代で割引を受けると光回線の料金が安くならないということなんですね。

コミュファ光から他の光回線へ乗り換えを検討している場合はともかく、
これからコミュファ光を利用しようと検討している場合は注意が必要ですね。

コミュファ光からドコモ光への乗り換えでは工事が必須

フレッツ光からドコモ光に乗り換える場合、基本的に同じ回線を使うので、
宅内工事が不要となります。(必要な場合もあります)

しかしコミュファ光からドコモ光への乗り換えは、全く違う回線を使うことになるので、
当然撤去工事と開通工事が必要なんですね。

コミュファ光を利用している時点で分かっているとは思いますが、
撤去にしろ開通にしろ、光回線の工事ってすぐにはしてもらえないんですよね。

どんなに早くても申し込んでから2週間ぐらいは待たされますし、通常で1か月、
遅いと3か月待ちなんてことも十分にありえます。

なのでコミュファ光の解約時期とドコモ光の申し込み時期を上手く調整しないと、
何週間も自宅でネットが使えないということになってしまいます。

また引っ越しを伴う場合には、引っ越し後1か月以上経ってから
撤去工事立ち合いのために元の家に戻らないといけなかったりします。

ドコモ光では2018年7月現在開通工事費無料のキャンペーンが行われていますし、
プロバイダでも同様のキャンペーンが行われていることがあります。

開通工事費についてはこうしたキャンペーンを利用することで無料になりますが、
コミュファ光の撤去工事費については12,000円が必要です。

コミュファ光を申し込んだ時期によっては10,000円になることもありますが、
いずれにしても撤去工事にはお金が掛かるんですね。

コミュファ光は違約金が高い?

光回線だけでなくスマホにしても、契約期間中に解約した場合には違約金が発生します。

光回線の違約金と言うと10,000円前後というイメージがあり、実際ドコモ光の違約金は
 ・一戸建て・・・13,000円
 ・集合住宅・・・8,000円
となっています。

ところが、コミュファ光に限らず電力会社系の光回線サービスって
結構違約金が高いことが多いんです。

コミュファ光は最低利用期間が2年で、
2年以内の解約だと27,000円の違約金が発生します。

加えて長トク割を利用している場合には、契約期間は3年で、
更新月以外の解約では違約金5,000円が必要となります。

ですから場合によっては、
32,000円の違約金を払わないといけないことになってしまうんです。

ただでさえ撤去工事に12,000円(もしくは10,000円)が必要なんですから、少なくとも
2年以上使って27,000円の違約金は払わなくて済むようにしたいところですね。

-ドコモ光への乗り換え

Copyright© ドコモ光の評判はプロバイダで変わってきます! , 2018 All Rights Reserved.