*

ドコモ光への乗り換え

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えで工事は必要?

投稿日:

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える

どうも、ドコ太郎です。

光回線を使っていると
 ・通信速度が遅い
 ・安定性が低い
 ・料金が高い
 ・サポートの対応が悪い
などなど、様々な理由で乗り換えを検討することがあるのではないでしょうか。

中には、ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えを検討しているなんて人も
居るかもしれません。

通常ソフトバンク光を使っている人はソフトバンクスマホとのセット割、ドコモ光を
使っている人はドコモスマホとのセット割を目当てにしている場合が多かったりします。

なのでスマホとのセット割が無くなってしまう、ソフトバンク光からドコモ光あるいは
その逆の乗り換えは検討することが少ないとは思います。

しかし光回線だけでなく、
スマホごと乗り換えるというようなことを考えている人も居るかもしれないですよね。

そこでソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えて、
金銭面でお得になるのかどうかや乗り換える際の注意点などを詳しく見ていきましょう。

ソフトバンク光からドコモ光では、料金面のメリットはあまり無い

光回線を乗り換える上で、通信速度や安定性など使い勝手が良くなるのも大事ですが、
やっぱり料金が安くなるかどうかが一番重要ですよね。

スマホとのセット割で通信費全体は安くなったとしても、
光回線自体の料金が高くなったんではちょっと損した気分になってしまいます。

ではまずソフトバンク光の料金ですが、
 ・一戸建て・・・5年契約 4,700円
          2年契約 5,200円
 ・集合住宅・・・3,800円
となっています。
(集合住宅は2年契約のみ)

対してドコモ光の料金は
 ・一戸建て・・・5,200円
 ・集合住宅・・・4,000円
です。

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えることで、
集合住宅だと月200円ですが料金が高くなってしまいます。

一戸建ての場合は、2年契約だと同じですが、
ソフトバンク光を5年契約で利用している場合には月500円も高くなります。

年間で6,000円違ってくるわけですから、
1か月分以上の料金を余分に支払うことになるんですね。

このように月額料金のみを比較すると、ソフトバンク光からドコモ光へ
乗り換えるメリットはあまり無いどころか、場合によっては損する恐れもありますよ。

違約金に工事費の清算もしないといけない

フレッツ光から光コラボレーションであるソフトバンク光やドコモ光へ乗り換える場合には、
契約期間中であってもフレッツ光の違約金は発生しません。

なので光コラボレーション同士であるソフトバンク光からドコモ光への乗り換えでも、
同じようにソフトバンク光の違約金は不要と勘違いしている人も居るかもしれませんね。

あくまでフレッツ光から光コラボレーションへの乗り換えが「特別」なだけで、
光コラボレーション同士の乗り換えでは通常通り違約金が発生します。

ソフトバンク光の違約金は
 ・2年契約・・・9,500円
 ・5年契約・・・15,000円
ですから、決して高くはありません。

実際フレッツ光や光コラボレーション以外の光回線サービスでは、
20,000円以上30,000円以上ということも珍しくないんですね。

またソフトバンク光の開通工事費の分割払いが残っている場合には、
当然それも清算しないといけません。

ソフトバンク光の開通工事費は24,000円ですから、分割払いの回数を60回に
していると、10,000円以上支払いが残っているということも十分に考えられます。

無理に使い続ける必要はありませんが、解約時に掛かるお金のことを考えると、
できれば開通工事費の支払いが終わるぐらいまでは使っておきたいところですね。

スマホとのセット割はどちらがお得?

ソフトバンク光とドコモ光には、それぞれのキャリアのスマホとセットで使うことで
スマホ代が割引になるセット割が用意されています。

ではソフトバンク光とドコモ光では、どちらのセット割がよりお得なのでしょうか?

まずソフトバンク光のセット割ですが、スマホの料金プランによって割引額が変わり
 ・5GB以上・・・1,000円
 ・2GB以下・・・500円
となります。

割引額が小さく見えますが、スマホだけでなくガラケー・タブレット・WiFiルーターも
含めて、最大10回線まで割引を受けることができるんです。

なので家族全員がソフトバンクスマホを使っているなら、
合計割引額が5,000円10,000円になることだって十分に考えられます。

またスマホ以外にソフトバンクでタブレットやWiFiルーターを使っていれば、
1人でも2台分3台分の割引を受けることができます。

一方ドコモ光のセット割ですが、こちらもスマホの料金プランによって割引額が変わり、
最大で3,500円の割引となります。

ソフトバンク光のセット割に比べて割引額が大きく見えますが、
基本的にドコモ光のセット割はスマホ1台にしか適用されません。

ですから、家族で5台10台とドコモのスマホを使っていても、
割引が受けられるのは代表回線の1台だけ。

1人で複数台スマホを使っていたとしても、割引されるのはもちろん1台だけです。

ソフトバンク光のセット割だと月の割引額が5,000円10,000円になることもありますが、
ドコモ光のセット割ではスマホを何台使っていようと割引額は最大3,500円です。

1人で使っているならドコモ光の方がお得にかもしれませんが、
家族で使う場合にはソフトバンク光の方がお得な可能性が高いですね。

光コラボレーション同士の乗り換えでは工事が必要

違約金と同じように、フレッツ光から光コラボレーションへの乗り換えでは
撤去工事や開通工事が必要ありません。
(必要な場合もあります)

極端な話、フレッツ光と光コラボレーション事業者にそれぞれ電話を掛ければ、
それだけで乗り換えが完了してしまいます。

これは光コラボレーションがフレッツ光の回線を利用するためで、
基本的に同じ回線を使うわけですからわざわざ工事し直す必要がないんですね。

じゃあ光コラボレーション同士の乗り換えでも、基本的に使う回線は同じですから、
撤去工事や開通工事は不要なんでしょうか?

確かにフレッツ光から光コラボレーションへの乗り換えでは工事不要ですが、
光コラボレーション同士の乗り換えの場合には工事が必要です。

でも「使う回線は同じ」というのは、フレッツ光から光コラボレーションへの乗り換えでも、
光コラボレーション同士の乗り換えでも一緒ですよね。

回線事業者であるNTTからすると、フレッツ光から光コラボレーションに
乗り換えられたところで、引き続き回線は使ってもらえます。

ということは、ユーザーから光コラボレーション事業者と貰う先は変わりますが、
回線の利用料も引き続き入ってくるわけです。

ですから工事や違約金を不要にしても、NTTとしては問題無いんですね。

ところが光コラボレーション同士のソフトバンク光からドコモ光への乗り換えの場合、
乗り換え元であるソフトバンク光からするとユーザーを1人失うだけです。

NTTのように引き続き回線の利用料が入ってくるわけでもありませんから、
工事や違約金を無しにすることなんてできないんですね。

解約と申し込みの時期を調整すれば、自宅でネットが使えない期間を無くせる

光回線の開通工事を1度でも行ったことがあると分かると思いますが、
申し込んでから実際工事が行われるまで結構待たないといけないんですよね。

運良く工事業者が空いている時期に当たったとしても2週間は待たされますし、
通常で1か月ぐらい、繁忙期ともなると3か月以上待たされることもあります。

先にソフトバンク光を解約してからドコモ光を申し込むという手順を踏むと、
場合によっては1か月以上自宅でネットが使えなくなってしまいます。

最近は「スマホがあるのでそれでも構わない」という人も居るかもしれませんが、
さすがに1か月以上もネットが使えないのはツライですよね。

そこでソフトバンク光の解約とドコモ光の申し込みの時期を上手く調整すれば、
ネットが使えない期間を無くすことができるんです。

調整と言っても別に難しいことではなく、
「ソフトバンク光解約→ドコモ光申し込み」と言う順番を逆にすれば良いだけです。

まずドコモ光を申し込み、開通工事の日程を決めます。

その開通工事が行われる直前もしくは工事が終わってから、
ソフトバンク光を解約すればネットが使えない期間が無くなります。

ただしこの方法だと、確実にソフトバンク光とドコモ光の両方の料金を支払わないと
いけない期間ができてしまいます。

なので金銭面を考えると、ネットが使えない期間をゼロにするのではなく、
できるだけ短くするという風に考えた方が良いかもしれませんね。

解約・撤去後でないと開通工事できないことも

乗り換えに伴う自宅でネットができない期間を無くすのは良いんですが、
場合によっては前の回線を撤去した後でないと開通工事できないこともあるんです。

大抵の光回線の開通工事では、
エアコンや固定電話の配管穴を使って光ファイバーケーブルを宅内に引き込みます。

ところが前の回線が生きたままの状態では、こうした配管穴が使えず、
新たに壁に穴を開けないとケーブルが宅内に引き込めないことがあるんだとか。

壁に穴を開けるとなると、賃貸物件だと当然大家さんや管理会社に
許可を貰わないといけません。
(許可が貰えるとも限らない)

また持ち家の場合は、誰の許可も要りませんが、
壁に穴を開けるというのは決して見栄えの良いものではありません。

ネットが使えない期間を短くするために、
解約・撤去と開通工事の時期を調整するのは良いと思います。

しかし撤去前に開通工事を行うには、
壁に穴を開けないといけないかもしれないということは覚えておいた方が良いですよ。

光電話を使っていて、電話番号を継続して使いたい場合は要注意

ソフトバンク光で光電話を使っていて、
ドコモ光乗り換え後も光電話を利用しようと考えている場合もあると思います。

乗り換えによって電話番号が変わっても構わない場合は良いんですが、
同じ電話番号をそのまま使うのであれば注意が必要です。

携帯電話でも番号が変わるとややこしいですから、
固定電話はできるだけ番号を変えたくないと思っている人が多いのではないでしょうか。

普通にソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えただけでは、
同じ電話番号を引き続き使うことはできません。

一度「アナログ戻し」という作業を行わないと、
ソフトバンク光からドコモ光へ光電話の番号を持ち運ぶことはできないんですね。

アナログ戻しとは?

「アナログ戻し」は、自宅の固定電話を一旦NTTのアナログ回線に戻すことです。

アナログ電話から光電話に切り替えた際、同じ電話番号を使っているのであれば、
恐らくNTTのアナログ電話回線の契約を「休止」しているはずです。

ですからソフトバンク光を解約する前に、NTTに連絡して休止を解除し、
アナログ電話回線の契約を復活させます。

それからドコモ光と契約して、再びNTTのアナログ電話回線の契約を休止させると、
ドコモ光の光電話でも引き続き同じ番号を使うことができるようになります。

アナログ戻しは、必ずソフトバンク光を解約する前に行ってください。

アナログ戻しをする前にソフトバンク光を解約してしまうと、
その時点でNTTのアナログ電話回線も解約となって電話番号を失ってしまいます。

なので固定電話の番号を変えたくないのであれば、
「アナログ戻し」→「ソフトバンク光の解約」という順番だけは間違えないようにしましょう。

NTTの電話加入権が無いと番号は引き継げない

アナログ戻しがNTTで行う手続きだという時点で分かるかもしれませんが、
そもそもNTTの電話加入権が無いと電話番号を引き継ぐことはできません。

元々NTTのアナログ電話を使っていて、NTTから割り振られた電話番号を
持っているのであれば、アナログ戻しを行うことで同じ番号を使い続けることができます。

しかしNTTのアナログ電話は使っておらず、最初から光電話に割り振られた
電話番号だとアナログ戻しはできず、同じ番号を使い続けることはできません。

「050」で始まるIP電話の番号はもちろん、通常の市外局番から始まる番号でも、
光電話に割り振られた電話番号の可能性はあります。

局番なしの「116」に電話すれば、自分の使っている電話番号が
NTTの電話加入権を伴っているのかどうか確認することができますよ。

-ドコモ光への乗り換え

Copyright© ドコモ光の評判はプロバイダで変わってきます! , 2018 All Rights Reserved.