*

機種変更にドコモ光を勧められたけど

ドコモでiPhoneを機種変更する時に注意することは?

投稿日:

ドコモでiPhoneに機種変更する際に注意すべきはデータ移行

どうも、ドコ太郎です。

「バッテリーの持ちが悪くなってきた」などの理由で、
スマホの機種変更を検討している人も居るかと思います。

スマホを機種変更する際に注意したいのは、
今使っているスマホから新しいスマホへのデータ移行です。

アドレス帳はもちろん、スマホで撮影した写真や動画、
さらにはアプリなどのデータも移すことになります。

ガラケーの頃は、ドコモショップで当たり前のように古いケータイから
新しいケータイにデータを移してくれたんですけどね。

しかし最近は、個人情報保護とデータ消去のリスクが増えたことなどから、
キャリアショップで新しいスマホへのデータ移行はしてもらえなくなっています。

それでもAndroidスマホ同士の機種変更であれば、
SDカードを使って比較的簡単に新しいスマホにデータを移すことができます。

ところがiPhone同士やAndroidスマホからiPhoneへの機種変更だと、
SDカードが使えないのでデータの移行が結構面倒なんですよね。

そこで、iPhoneからiPhone、AndroidスマホからiPhoneへ
データを移行する方法について詳しく見ていきましょう。

データ移行する前の準備

データの移行する前に、準備しておかないといけないことがいくつかあります。

まずiPhoneからiPhoneへ機種変更する場合、今使っているiPhoneの
 ・Apple ID(メールアドレス)とパスワード
 ・iPhoneのパスコード
 ・iPhoneの機能制限パスコード(設定している場合)
を確認しておきましょう。

これらは機種変更によるデータ移行で入力を求められる場面があるので、
事前に確認しておかないとスムーズにデータ移行ができません。

とは言え、普段iPhoneを使う時にも入力を求められることがあるので、
覚えているとは思いますが念のため確認しておいた方が良いですよ。

アプリやApple Payの引き継ぎ方法を確認

それからLINEやゲームなどのアプリ、
Apple Payなどの引き継ぎ方法も事前に確認しておきましょう。

特にLINEは、事前にアカウントの引き継ぎ設定をしておかないと、新しいiPhoneで
ログインができなくなってトーク履歴などのデータが消えてしまう恐れがあります。

またゲームアプリは、TwitterやFacebookのアカウントと連動することで
簡単に引き継ぎできるものもあれば、引き継ぎコードの発行が必要なものもあります。

それからApple Payについては、基本的にはそのままデータ移行できますが、
「Suica」などのように一旦削除しないといけないものもあるので注意してください。

2ファクタ認証を設定している機器はサインアウトせずそのままに

さらにiPadやMacパソコンなど「2ファクタ認証」を設定している機器がある場合は、
iCloudからサインアウトせずにそのままにしておきましょう。

サインアウトした状態でiPhoneのデータ移行をすると、2ファクタ認証の設定が
取り消されて、また設定し直さないといけなくなる恐れがあります。

iOSは最新のものにアップデート

そして最後に、今使っているiPhoneのiOSを最新のものにアップデートしておきましょう。

iPhone同士でデータ移行する場合、
iOSのバージョンが違い過ぎるとエラーが出てしまうことがあるんです。

iOS9とiOS11の違いぐらいなら大丈夫だとは思いますが、
アップデートできるならしておいた方が確実ですね。

「iTunes」を使ってデータ移行

パソコンを持っているのであれば、「iTunes」を使ってiPhoneのデータ移行ができます。

まずパソコンでiTunesを起動させたら、そのパソコンと移行したいデータが
入っているiPhoneを充電の時などに使うライトニングケーブルで繋ぎます。

USB接続ができるライトニングケーブルが無い場合は、
コンビニや100円ショップでも購入することができますよ。
(できれば純正のものが良い)

この時、iPhoneでパスコードの入力を求められたり、
パソコンと接続することを許可するかどうかを確認されることがあります。

その場合は、当然ですがパスコードを入力し、接続することを許可しましょう。

iPhoneが接続されたことをiTunesが認識すると、
画面上部にスマホのアイコンが表示されるので、これをクリックします。

画面が切り替わったら、「バックアップ」の項目内にある「このコンピュータ」と
「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れます。

そして「今すぐバックアップ」をクリック、過去にバックアップをしたことがあるなら、
これでiPhoneデータのバックアップが開始されます。

初めての場合は「パスワードを設定」という画面が現れるので、
任意のパスワードを2か所(同じもの)を入力して、「パスワードを設定」をクリックします。

ここで設定したパスワードは、新しいiPhoneにデータを移す際に必要となるので、
忘れないようにメモを取っておいた方が良いですよ。

バックアップに掛かる時間はiPhoneのデータ量によっても違ってきますが、データ量が大きい場合には数十分掛かることもあります。

バックアップが終了し、「最新のバックアップ」という項目のところに
「今日 (バックアップした時刻)」が表示されていればOKです。

iTunesから新しいiPhoneへデータを移す

iTunesにこれまで使っていたiPhoneのデータがバックアップできたら、
次はそのバックアップしたデータを新しいiPhoneへ移します。

新しいiPhoneにSIMカードが挿入されていることを確認して電源を入れたら、
先程と同じようにライトニングケーブルでパソコンと繋ぎます。

iTunesが新しいiPhoneを認識すると、「新しいiPhoneへようこそ」という画面が現れます。

そうしたら、画面内にある「このバックアップから復元」を選び、
バックアップするデータを選択したら「続ける」をクリックしましょう。

するとパスワードの入力が求められるので、今まで使っていたiPhoneから
iTunesにデータをバックアップする際に設定したパスワードを入力します。

あとは「OK」をクリックすれば、
iTunesから新しいiPhoneへのデータ移行が開始されます。

データ量によっては1時間ぐらい掛かることもあるので、
新しいiPhoneが電池切れを起こさないように注意しましょう。

iTunesからのデータ移行が終わったら、ケーブルを抜いて、
iPhoneを再起動して画面の指示に従って初期設定を行えばデータ移行は完了です。

「iCloud」を使ってデータ移行

手元にパソコンが無い場合はiTunesを使ったデータ移行はできないので、
iCloudを使ってデータ移行を行います。

ただしiCloudでは、5GBまでのデータしか無料でバックアップをすることができません。

月額料金を払うことで最大2TBまでiCloudの容量を増やすことができますが、
お金を払うのがイヤならデータ量が大きい写真や動画を外しておきましょう。

無料でデータ量の大きい写真や動画を映したいのであれば、
「Googleフォト」や「ドコモデータコピー」といったアプリを使う方法もあります。

ここではiCloudを使ったデータ移行のみ説明します。

iCloudにデータをバックアップするにはWiFi接続されていないといけないので、
まず安定した利用できるWiFi環境がある場所へ行きましょう。

そして移したいデータが入っているiPhoneをWiFi接続し、iPhoneの「設定」から「iCloud」→「iCloudバックアップ」へと進みます。

画面が切り替わったら「iCloudバックアップ」をONにして「今すぐバックアップを作成」を
タップすれば、iCloudへのバックアップが開始されます。

バックアップが終了したら、再度「設定」から「iCloud」へ進み、
今度は「ストレージを管理」をタップします。

さらに「バックアップ」→「このiPhone」へと進み、
「前回のバックアップ」の項目にバックアップした日時が表示されていればOKです。

iCloudから新しいiPhoneへデータを移す

今まで使っていたiPhoneのデータをiCloudにバックアップしたら、
今度はiCloudから新しいiPhoneへデータを移します。

まず新しいiPhoneにSIMカードが挿入されていることを確認して電源を入れたら、
画面の指示に従って初期設定を行います。

初期設定が終わると「Appとデータの復元」という画面が現れるので、
「続ける」をタップすればiCloudから新しいiPhoneへデータの移行が始まります。

データ移行が終了してホーム画面が表示されて、
今まで使っていたアプリが全てダウンロードされればデータ移行完了です。

AndroidスマホからiPhoneへのデータ移行

最後にAndroidスマホからiPhoneへデータを移す方法を紹介します。

当然iTunesやiCloudを使うことはできませんが、
iPhone同士のデータ移行よりも簡単です。

以前はパソコンが無いとAndroidスマホからiPhoneへデータを移せなかったんですが、
現在は「MOVE to iOS」というアプリを使うことで簡単にできます。

AndroidスマホからiPhoneへデータを移す場合も、WiFi接続が必須です。

まずAndroidスマホでGoogle Playから「MOVE to iOS」アプリをインストールします。

アプリを起動して「続ける」をタップすると、
利用条件が表示されるので内容を確認して「同意する」をタップします。

すると「コードを検索」という画面に切り替わるので、
一旦Androidスマホはこの画面のまま置いておきます。

次に新しいiPhoneにSIMカードが挿入されていることを確認して電源を入れ、
初期設定を行います。

初期設定が終わり「Appとデータ」という画面まで来たら、
「Androidからデータを移行」を選択します。

「Androidから移行」という画面に切り替わり「続ける」をタップすると、
6桁もしくは10桁の数字コードが表示されます。

そうしたら先程一旦置いておいたAndroidスマホに戻って、
「コードを検索」画面から「次へ」進みます。

コード入力画面に切り替わりiPhoneに表示されている6桁あるいは10桁の
数字コードを入力、移行したいデータを選択して「次へ」をタップすると移行開始です。

「転送が完了しました」という画面が表示され、
完了をタップするとAndroidスマホの役目はここで終わりです。

iPhone側に「転送が完了しました」と表示されたら、
「iPhoneの設定を続ける」をタップして残りの初期設定を行えばデータ移行完了です。

Androidスマホで使っていたアプリにiOS版がある場合は、
初期設定終了後に自動的にダウンロードすることもできますよ。

-機種変更にドコモ光を勧められたけど

Copyright© ドコモ光の評判はプロバイダで変わってきます! , 2018 All Rights Reserved.