*

ドコモ光Q&A

ドコモ光の対応マンションを事前に調べることができる

投稿日:

自分が住んでいるマンションがドコモ光対応かどうかを調べるには

どうも、ドコ太郎です。

ドコモのスマホユーザーなら、セット割でスマホ代がお得になりますから、
自宅の光回線はドコモ光を使いたいところです。

しかし現状使っている光回線の契約期間などもあって、
ドコモ光へ乗り換えるきっかけがなかなか無いという場合もあるんじゃないでしょうか。

そんな時に何らかの事情で引っ越しをするなんてことになったら、
光回線を乗り換える良いきっかけになります。

でも引っ越しを契機に光回線を乗り換えるのは良いとしても、
引っ越し先でドコモ光が使えないと何の意味もありませんよね。

引っ越し先が一戸建てなら、
ある程度自分が使いたい光回線サービスを選んで利用することができます。

ところがマンションのような集合住宅の場合は、
建物全体で使える光回線が決まっているということも少なくありません。

では引っ越し先のマンションが、
ドコモ光に対応しているかどうかを調べるにはどうすれば良いのでしょうか?

マンションに「フレッツ光対応」と書いている!?

まずドコモ光は、独自の回線を使ったサービスではなく、
フレッツ光の回線を使う「光コラボレーション」というサービスです。

簡単に言うと、NTTからドコモがフレッツ光の回線を借り、
それを使ってドコモ光のサービスを提供しているということです。

ですからフレッツ光に対応していれば、そのマンションではドコモ光が使えます。

入居前に下見に行くことがあるなら、建物の玄関周りやロビー、
掲示板などに「フレッツ光対応」などと書かれたステッカーが無いか確認してみましょう。

もしこういったステッカーを見つけたら、
そのマンションではほぼ間違いなくドコモ光を利用することができます。

またマンションの入居契約をする際に、
契約書とともに入居案内書や利用規約なども渡されることがあります。

この入居案内書や利用規約の中に、そのマンションで利用できる
インターネット回線について書かれていることもあるのでチェックしておきましょう。

最終的には大家さんや管理会社に確認する

玄関周りなどにステッカーも見当たらない、
案内書や利用規約にも書かれていないとなると、誰かに聞くしかありません。

一番確実なのは、大家さんや管理会社に問い合わせてみることです。

余程いい加減な大家さんや管理会社でない限りは、自分たちが取り扱っている物件で
利用できるインターネット回線を知らないはずがありません。

また下見などに行った際に話す機会があれば、そのマンションに住んでいる人に
どんなインターネット回線を使っているか聞くのも良いのではないでしょうか。

そこでフレッツ光やドコモ光以外であっても光コラボレーションの名前が出てきたら、
そのマンションではドコモ光を使える可能性が大ですね。

もしフレッツ光や光コラボレーション以外の名前が出たとしても、
マンションによっては複数の回線から選べるようになっている場合もあります。

なのでやはり最終的には、
大家さんや管理会社に問い合わせてみるのが一番確実だと思いますよ。

マンションがドコモ光に対応しているかどうか、事前に自分で調べられる?

既に引っ越し先のマンションが決まっている場合は、利用規約などを確認したり、
大家さんや管理会社に問い合わせる方が手っ取り早いです。

しかしまだ引っ越し先を検討している段階だと、検討している全ての物件の
管理会社などに問い合わせしないといけないのは面倒ですよね。

実は大家さんや管理会社に問い合わせなくても、
そのマンションがドコモ光に対応しているかどうかを調べる方法があるんです。

まずインターネットで「フレッツ光 エリア検索」というキーワードを検索します。

調べたいマンションが新潟県・長野県・山梨県から東側にある場合は、検索結果から
NTT東日本の「フレッツ光(光回線)提供エリアのご確認」をクリックします。

そうしたら画面の案内に従って、都道府県から番地まで住所を選択していき
最後の「建物形態選択」で集合住宅を選びます。

すると選択した住所の周辺にあるマンション・アパートの一覧が表示されるので、
調べたい建物名を選択すると判定結果が表示されます。

判定結果が「ご指定の住所はフレッツ光の提供エリアです」となっていれば、
そのマンションではドコモ光が使えます。

しかし「ご指定の住所は、詳しい状況確認が必要です」となっていると、
そのマンションではフレッツ光が使われていない可能性が高く、
ドコモ光も使えない可能性があります。

このサイトはNTT東日本のフレッツ光のサイトですから、そのまま進むと
ドコモ光ではなくフレッツ光を申し込むことになってしまうので注意してください。

NTT西日本エリアのマンションを調べる

調べたいマンションの住所が富山県・岐阜県・静岡県より西側の場合は、
NTT西日本の管内となります。

ですから先の検索結果から、今度はNTT西日本の
「サービス提供エリア確認・お申込み」というサイトにアクセスします。

サイトにアクセスしたら「通常のお申し込み」へ進み、
「マンション(集合住宅)」を選択します。

郵便番号が分かるのであれば「郵便番号から検索」で郵便番号を入力、
分からない場合は「府県から検索」で番地まで住所を選択していきましょう。

そうすると、最終的に選択した住所の周辺にあるマンション・アパートの一覧が
表示されるので、該当の建物名を選択すれば判定結果が出ます。

判定結果の詳しい説明の中に「マンション」という文字が入っていれば、
そのマンションではドコモ光が使えます。

もし判定結果の説明内に「ファミリータイプでのご提供となります」と書かれていると、
ドコモ光が使えない可能性が高くなります。

NTT東日本のところでも書きましたが、
このまま進めるとフレッツ光に申し込むことになるので注意しましょう。

使えるという判定結果が出なくてもドコモ光が使える!?

先の判定結果でフレッツ光のエリア外となった場合は、
ドコモ光の利用を諦めるしかないですね。

しかし「状況確認が必要」や「ファミリータイプでの提供」といった結果が出た場合は、
ドコモ光が使えないことはないんです。

これらの判定結果が表しているのは、「近くの電柱までフレッツ光の回線は
来ているけど、建物に引き込まれていない」ということです。

ですから電柱からマンションにフレッツ光の回線を引き込むところから行えば、
ドコモ光を利用することができます。

とは言え、共用部を通して部屋まで引き込むにしても、
電柱から直接部屋に引き込むにしても、
工事が必要ですから大家さんや管理会社に許可を貰わないといけません。

この工事では、回線を引き込むのに別途壁に穴を開けたり、
回線を固定するのにビス止めしたりと建物に傷を付けることになります。

なので大家さんや管理会社に許可を貰っておかないと後々大問題になりますし、
お願いしても許可してもらえないことも十分に考えられます。

また許可が下りて回線を引き込むことができたとしても、同じマンション内に
フレッツ光などのユーザーが他に一定戸数以上居ないと「一戸建て扱い」になります。

マンションであっても「一戸建て扱い」になると、
工事費や毎月の利用料金は一戸建て用が適用されるので割高になってしまいます。

「インターネット対応」と「インターネット完備」は全然別物

マンションやアパートなど集合住宅の物件情報を見ていると、
「インターネット対応」とか「インターネット完備」などと書かれていることがあります。

いずれもインターネット回線が引き込まれており、
入居後にインターネットが使えるマンションであることには違いがありません。

しかし「インターネット対応」と「インターネット完備」は全くの別物であり、
入居後の対応も全然違うものになるんです。

まず「インターネット対応」ですが、これはマンションの共用部まで光回線などの
インターネット回線が引き込まれているということです。

インターネット回線が来ているのは共用部までですから、
回線を引き込む工事を行わないと部屋でインターネットが使えません。

なので入居する前でもしてからでも良いですが、
回線事業者やプロバイダに申し込みをして工事日程を調整しましょう。

共用部から部屋まで回線を引く工事では、建物に傷を付けることはほとんど無いので、
管理会社などに連絡しなくても良いと言われることもあります。

ただ、管理人室やMDF室といった部屋の中で作業を行うこともあるので、
工事当日にこれらの部屋の鍵を開けておいてもらわないといけません。

ですから連絡しなくても良いと言われていても、
管理会社には工事日を事前に伝えておいた方が良いですね。

「インターネット完備」は何もしなくても部屋でインターネットが使える

一方「インターネット完備」のマンションでは、共用部までインターネット回線が
引き込まれているのはもちろん、各部屋への配線工事も行われています。

それどころかプロバイダとの契約まで済んでおり、
入居後は特に何もしなくてもすぐにインターネットが使えるようになっているんですね。

開通工事やプロバイダへの申し込みが不要なのは良いんですが、
インターネット回線を選べないというデメリットもあります。

部屋まで回線が来ていてプロバイダとの契約までしているわけですから、
ドコモ光を使いたいと思っても使えないこともあるんです。

もちろん大家さんや管理会社にお願いして許可が下りれば、
他の回線を使うこともできなくはありません。

しかしマンション全体で契約することで料金が安くなっていたりするので、
他の回線を使うことを許可してもらえることはほぼ無いと思います。

また場合によっては、回線の利用料金が家賃に含まれていることもあります。

家賃とインターネット料金が一括になっているので、払い忘れる心配がありませんし、
楽は楽ですね。

ところが部屋でインターネットを使わない場合には、
ムダに高い家賃を払うことになってしまいます。

マンションと一戸建てではドコモ光の通信速度が違う?

マンションと一戸建てで同じドコモ光を利用していても、
通信速度が全然違うことがあります。

もちろん利用する地域や時間帯の問題もありますが、
1本の回線を独占するか共有するかによって通信速度が違ってくるんです。

一戸建ての場合は、最寄りの電柱から直接回線を宅内に引き込みますから、
1本の回線を独占して使うことになります。

対してマンションの場合は、最寄りの電柱から引き込んだ回線を分岐させて、
1本の回線を何部屋かで共有しています。

分岐させた時点で回線の最大通信速度が落ちてしまいますし、共有していると
混雑も起こりやすく、独占で使う場合より通信速度が遅くなってしまいがちなんですね。

なので、その分マンションなど集合住宅の方が安い料金設定になっているわけです。

-ドコモ光Q&A

Copyright© ドコモ光の評判はプロバイダで変わってきます! , 2018 All Rights Reserved.