*

IPV6対応について

v6プラスでPS4のオンラインゲームをプレイするには

投稿日:

v6プラスだとPS4でオンラインゲームができない?

どうも、ドコ太郎です。

インターネットを使う目的は人それぞれで、メールとちょっとした調べ物に使うだけ
という人も居るでしょうし、SNSや動画などをがっつり楽しんでいるという人も居ます。

中には、オンラインゲームをしたいがために、家に光回線を引いてインターネットを
使えるようにしているなんてこともあるかもしれません。

オンラインゲームと言うと、以前はパソコンが無いとできませんでしたが、
最近はPS4やニンテンドースイッチなど家庭用ゲーム機でもできるようになっています。

そのためオンラインゲームは、一部のマニアックな人向けのものから
子供から大人まで楽しめる娯楽に変わりつつあるんですね。

実際オンラインゲームを通じて友人関係が広がったり、
場合によっては恋愛・結婚にまで発展することもあるそうですよ。

オンラインゲームを快適にプレイすることも含めて、
自宅の通信環境を良くするのに「v6プラス」の利用を検討していたりしませんか?

v6プラスを利用することで通信速度が速くなったり安定性が向上しますから、
SNSを使ったり動画を見たりなど普通に使う分には文字通り「プラス」となります。

しかしオンラインゲームに関しては、プラスにならないどころか、
プレイ自体ができなくなってしまう恐れがあるんです。

パソコンのオンラインゲームは特に気にする必要ありませんが、
家庭用ゲーム機のオンラインゲームは注意が必要です。

特にPS4では、v6プラスを利用したことで一部のソフトのオンラインプレイが
できなくなったという報告をネット上でちらほら見掛けることがあります。

v6プラスでプレイできないPS4のオンラインゲームとは

v6プラスでPS4のオンラインゲームができないと言っても、
全くできないわけではなく、一部できないソフトがあるだけです。

では、PS4のどのソフトがv6プラスだとオンラインプレイできないのでしょうか?

ネット上には
 ・モンスターハンターワールド
 ・ストリートファイターV
 ・地球防衛軍5
といったソフトのオンラインプレイがv6プラスだとできない、という口コミが見られます。

同じ光回線でもv6プラスを利用してなければ普通にオンラインプレイができますし、
v6プラスを利用していてもオフラインなら当然普通にプレイできます。

と言うことは、やはりこれらPS4ソフトのオンラインプレイと
v6プラスの相性が悪いんでしょうね。

ただ、PS4のソフトとv6プラスの相性については、
ネットで調べてもほとんど詳しい情報は出てきません。

ですから「v6プラス (ゲーム名)」でネット検索して、
実際にプレイしている人が居るかどうかで判断するしかなさそうですね。

また今のところPS4だけですが、今後ニンテンドースイッチやXboxOneなどでも
v6プラスでオンラインプレイできないソフトが出てくるかもしれません。

v6プラスでPS4のオンラインゲームができないのはなぜ?

ではv6プラスで、
一部ではあるもののPS4のオンラインゲームができないのはどうしてなのでしょうか?

現状もっとも大きな原因だと考えられているのは、
「v6プラスでは特定のポートが利用できない」ということです。

v6プラスでは、従来のように1ユーザーの1つのグローバルIPアドレスではなく、
複数のユーザーで1つのグローバルIPアドレスを共有する形になっています。

ただこの形だと、同じグローバルIPアドレスを使うユーザー同士の通信が
ごちゃ混ぜになってしまい、正常な通信ができません。

そこでユーザーごとに重複しないよう使えるポート番号を個別に割り当て、
同じグローバルIPアドレスでもユーザーが区別できるようにしているんですね。

これで正常な通信ができるようになるんですが、
今度はユーザーには使えないポート番号が出てきてしまいます。

オンラインゲームでは特定のポート番号を利用する場合があり、
そのポート番号が自分に割り当てられていないと
そのオンラインゲームができないということになるわけです。

例えばPS4のストリートファイターVでは
 ・TCPポート・・・80、443、20002、30840、30850、30870
 ・UDPポート・・・30840~30859、30870~30879
というポート番号の開放が必要となります。

しかし自分にこれらのポート番号が割り当てられていないと、
v6プラスではストリートファイターVがプレイできないということになるんですね。

オンラインゲームができないのはv6プラスのせいじゃない場合も

PS4などのソフトでオンラインゲームができないのは全てv6プラスのせい、
というわけではありません。

実はv6プラス以外のことが原因で、
PS4のオンラインゲームができなくなっていることもあるんですね。

例えばPS4でオンラインゲームをプレイするには、
「PS Plus」の利用券を持っていないといけません。

この利用券は1か月分で476円、1年分で4,762円するんですが、
とにかくこれが無いとPS4でオンラインゲームをプレイすることはできません。

初めてPS4でオンラインゲームをプレイしようとする場合には、
この利用券を持っていないためにプレイできないということもあります。

また利用券を持っている場合でも、
有効期限が切れているのでプレイできないということも考えられるんですね。

PS4をWiFi接続しているとオンラインゲームができない?

PS4でオンラインゲームをプレイしようと思っている人が利用券のことを知らないことは
無いと思いますが、意外と見落としていることもありえます。

もっと見落としやすい原因として「WiFi接続」が挙げられます。

最近は光回線をWiFi化してWiFi接続でインターネットを使っていることがほとんどで、
有線接続でインターネットを使っていることは少ないと思います。

WiFi接続では、有線接続に比べて通信が不安定になりやすく、
何かの拍子に通信が途切れてしまうこともあります。

オンラインゲームによっては、
こうした不安定な通信手段を使っていると接続を切られてしまうことがあるんです。

プレイに支障が出るのはもちろん、
他のプレイヤーにも迷惑を掛けてしまうことを防止するためだと思われます。

WiFi接続でも通信が安定していれば良いんですが、どうしても不安定になりやすい
ですから、オンラインゲームは有線接続でプレイするのがマナーだと思いますよ。

v6プラスでPS4のオンラインゲームをプレイできるようにするには

v6プラスを利用していると絶対にPS4でオンラインゲームができないかと言うと、
そういうわけでもありません。

v6プラスを利用していても、
PS4でオンラインゲームがプレイできるようにする方法があります。

それが「パススルー」という方法です。

v6プラスで利用しているWiFiルーターとは別に、もう1台WiFiルーターを用意します。

ちなみに、用意するWiFiルーターはv6プラスに対応していてもいなくても構いません。

LANケーブルを使って2台のWiFiルーターを接続し、用意した方のWiFiルーターは
v6プラスではなく従来の通信方式で接続できるように設定します。

そしてv6プラスを利用しているWiFiルーターで「PPPoEパススルー」が使えるように
設定を変更すればOKです。

これでもう1台用意した方のWiFiルーターに接続すると、v6プラスではなく、
従来の「IPv4 PPPoE」という方式で通信できます。

従来の方式で通信できるWiFiルーターにPS4を接続すれば、
v6プラスでプレイできなかったオンラインゲームがプレイできるようになりますよ。

もちろんv6プラスを利用しているWiFiルーターに接続すれば、
v6プラスを使って通信することが可能です。

このパススルーという方法を使うことでPS4でもオンラインゲームができるものの、
せっかくのv6プラスのメリットは生かせなくなるのが少し残念ですね。

WiFiルーターの「UPnP機能」OFFでもPS4でオンラインゲームができる

WiFiルーターをもう1台用意しなくても、
v6プラスでPS4のオンラインゲームができるようになる方法があります。

オンラインゲームによっては、WiFiルーターの「UPnP機能」というものを使って、
プレイに必要なポート番号の開放を行うことがあります。

WiFiルーターでこの「UPnP機能」がONになっていると、自動的に必要なポート番号が
開放されてオンラインゲームがプレイできるようになるわけです。

しかし、先にも書いたように、
v6プラスではユーザーごとに使えるポート番号が限られています。

なのでv6プラスでWiFiルーターの「UPnP機能」がONだと、使えもしないポート番号が
解放されるのをオンラインゲーム側が待ち続けることになってしまうんですね。

大半のオンラインゲームは、必要なポート番号が使えない場合に、
サーバーを経由するなど他の通信手段に切り替えるような設定が施されています。

ですからWiFiルーターの「UPnP機能」をOFFにしておけば、
他の通信手段を使ってオンラインプレイができるようになります。

ただしソフトによっては、「UPnP機能」を使うことでしかオンラインプレイができないことも
ありますし、特定のポート番号の開放が必須となっている場合もあります。

このようなソフトでは、いくらWiFiルーターの「UPnP機能」をOFFにしていても、
オンラインプレイができません。

まずは今使っているWiFiルーターの「UPnP機能」をOFFにしてみて、
それでもプレイできない場合は先の「パススルー」を試すと良いのではないでしょうか。

NURO光やauひかりなら何もしなくてもPS4でオンラインゲームができる?

v6プラスでは、ユーザーごとに使えるポート番号が限られているので、
PS4の一部のオンラインゲームがプレイできなくなっています。

そこでv6プラスによって使えるポート番号が制限されるフレッツ光や
光コラボレーションからNURO光やauひかりに乗り換えるのも1つの方法です。

NURO光やauひかりは「ダークファイバー回線」と言われるもので、
ユーザーごとに使えるポート番号が制限されるといったことがありません。

ですから「パススルー」や「UPnP機能をOFF」といった方法を使わなくても、
PS4でオンラインゲームがプレイできるんですね。

しかもいずれも通信速度が速いと評判の回線ですから、
v6プラスと変わらない通信速度の速さが期待できます。

ただし、NURO光は関東・東海・関西と利用できるエリアが限られていますし、
auひかりも、東海や関西、沖縄など利用できないエリアが少なくありません。

これらのサービスのエリア内で、インターネットを使う目的がオンラインゲームなら、
NURO光やauひかりへの乗り換えを検討してみるのも良いと思いますよ。

-IPV6対応について

Copyright© ドコモ光の評判はプロバイダで変わってきます! , 2018 All Rights Reserved.