*

自宅のWIFIが遅い

自宅のWIFIが遅い原因を探る!速度アップ改善例

投稿日:

光回線にWiFiルーターでスマホ・タブレット・PCを無線接続

こんにちは、ドコ太郎です。

引っ越しなどを機に、WiFiルーターを使って自宅の光回線をWiFi化しようと
思っている人も居るんじゃないですか。

WiFi化することでパソコンだけでなく、
スマホやタブレットなど複数の機器を同時に光回線に接続して通信することができます。

さらにWiFi接続して通信した分は光回線の通信量としてカウントされます。

なのでスマホをWiFi接続で使うと通信量の節約になり、
ひいてはスマホ代の節約にも繋げられるんですよ。

では実際に光回線をWiFi化して、
スマホなどの機器をWiFi接続するにはどうするのでしょう?

まず光回線の「ONU」とWiFiルーターをLANケーブルで有線接続します。

次にWiFiルーターの初期設定を行うんですが、
初心者にとってはこれが高いハードルとなります。

しかし最近は添付のCD-ROMを使って簡単にできるものや、
中にはボタン1つ押すだけで細かい設定は不要なんて機種もあるんです。

WiFiルーターの設定が終わったら、次はスマホやパソコンなどの接続設定を行います。

通信機器の接続設定を行わないと、
WiFiルーターを設置しただけじゃWiFiは使えませんよ。

最初にWiFiルーターの側面か底面に表示されている「SSID」と「暗号キー」を
メモしておきます。
(複数ある場合はどれでもOK)

それからスマホ・タブレットを接続するんですが、
まず設定画面から「無線とネットワーク」「WiFi」へと進みます。

そこでWiFi機能をONにして、WiFi設定で利用できるネットワークが表示されるので
先にメモしたSSIDを選択します。

パスワードの入力が求められるので、
やはり先にメモした暗号キーを入力したら接続設定は終了です。

画面上部のバッテリーやアンテナがある部分に、
扇型のWiFiマークが表示されていればWiFi接続成功です。

次にパソコンですが、
こちらは画面下部もしくは横のタスクバーにある無線接続のマークをクリックします。

すると利用可能なネットワークが表示されるので、最初にメモしたSSIDを選び、
暗号キーを入力すればOKです。

WiFiルーターの設定は少しハードルが高いですが、
スマホやパソコンのWiFi接続設定はそれほど難しくないですね。

光回線とプロバイダって何が違う?

自宅に光回線を引いた際に、
NTTなどの回線事業者とは別に「プロバイダ」というものと契約したと思います。

インターネットを利用する上では、
光回線などのインターネット回線とともにプロバイダが非常に重要なんです。

光回線とプロバイダの役割を分かりやすく言うと「道路と料金所」みたいなものです。

光回線はインターネットという目的地にたどり着くまでの1つの「道路」です。

対してプロバイダはインターネットという世界に入るための「料金所」となります。

実はインターネットは、
プロバイダは発行する「ID」と「パスワード」が無いと利用することができません。

ですから光回線の料金は「道路料金」に当たり、プロバイダの料金は
インターネットという世界に入るための「入場料金」みたいなものなんですね。

WiFi接続すると通信速度が遅い

自宅の光回線にスマホをWiFi接続して使ってみると、
スマホの回線を使うより通信速度が遅いなんてこともあります。

光回線の通信速度は最大1Gbps、スマホの回線はせいぜい400~700Mbpsですから、
本来は光回線の方が速いはずです。
(1Gbps≒1000Mbps)

それが逆転してしまっているわけですから、
どこかに問題があるということになりますよね。

もし時間帯に関係無くいつ使っても遅いという場合は、
 ・スマホやパソコンの設定
 ・WiFiルーターやLANケーブルなどの機器
 ・利用環境
のいずれか(もしくは全部)に問題があります。

それぞれをチェックして問題のある部分を取り除けば、
快適な通信速度でインターネットが使えるようになりますよ。

朝や昼は速いけど、夜になると遅い

WiFiが常時遅いというわけじゃなくて、
時間帯によって通信速度が遅くなるということもありえます。

多いのは、午前中や昼間は十分な通信速度が出ているのに
夜になると通信速度が遅くなるというパターンです。

この場合、先に挙げたような設定や機器などの問題というよりも、
光回線かプロバイダどちらかに問題がある可能性が大です。

ユーザー側がどうにかできることではなく、
事業者に改善の要望を出すぐらいしか対応策がありません。

要望を出してもすぐには改善されませんし、
そもそも要望を出したところで改善に動いてくれるかどうかも分かりません。

なので根本的な解決策としては、回線かプロバイダを乗り換えるしかないですね。

数Mbps、数十Mbps、100Mbpsって体感だとどれだけ違う?

光回線の通信速度は最大1Gbpsですが、
実測としては100Mbpsぐらいが標準的な通信速度です。

「えっ!本当は10分の1しか出ないの!?」と思うかもしれませんが、
詳しく説明すると長くなるので、そんなもんだと思っておいてください。

100Mbpsを超えると速く、50~90Mbpsで及第点、
10Mbpsを切ると遅いと一般的には言われています。

では100Mbpsと数十Mbps、数Mbpsでは体感的にどれぐらい違うのでしょうか?

数値だけを比べると数倍、数十倍の違いですが、
実は普通に使っている分には体感的な違いをあまり感じないんです。

数Mbpsも出ていれば、
ネットサーフィンやSNSなどは「遅い」とか「重い」なんて感じません。

動画も、4Kなど超高画質だと厳しいですが、
HD画質でも読み込みに時間が掛かったり途中で止まったりすることはありません。

ただ大きなデータをダウンロードする場合には、
通信速度による違いを大きく感じることがあります。

数十MBぐらいのスマホアプリだと感じませんが、
数百MBや1GBを超える容量のデータをダウンロードするとその差は顕著です。

100Mbpsなら数十秒から数分、数十Mbpsで10分ぐらい、
数Mbpsだと数十分あるいは1時間以上掛かるなんてことになります。

こうした大きなデータをダウンロードする場合には、
通信速度は速いに越したことはありません。

しかし普通にインターネットを使う分には数Mbpsで十分で、
100Mbps出ていても体感的にはほとんど変わりませんよ。

パソコンやスマホの設定を確認

インターネットを使っていて通信速度が遅いと感じた場合は、
まずパソコンやスマホの設定を確認してみましょう。

例えばノートパソコンやスマホを充電していない状態で使うと、
バッテリー消費を抑えるため「省電力モード」に切り替わっていることがあります。

省電力モードによってWiFiの電波をキャッチしにくくなっていることもあるので、
コンセントを使うかモード切替で改善されるかもしれません。

設定以外にも、パソコンだと同時に複数のサイトを開いていたり、
スマホだと複数のアプリを立ち上げていると通信速度が遅くなります。

使っていないサイトやアプリはこまめに終了させることで、
通信速度が遅くなるのを防ぐことができますよ。

またキャッシュと言われる一時的に保存されるデータが溜まってしまっていることで、
通信速度を遅くしていることも考えられます。

ブラウザの設定からキャッシュの削除ができるので、
こちらもこまめにきれいにしておくのが良いですね。

スマホなら、電源を入れっぱなしにしている人も多いでしょうから、
一度再起動するというのも有効ですよ。

さらにインストールしているセキュリティソフトが原因となっている場合も
少なからずあります。

一度セキュリティソフトを無効にしてみて改善されるようなら、
別のセキュリティソフトに入れ替えた方が良いかもしれません。

WiFiルーターとの距離が遠い

そもそもWiFiルーターとパソコンやスマホなどの機器との距離が離れすぎている
ということも考えられます。

WiFiの電波は近くでないとキャッチできないということはありません。

しかしWiFiルーターと電波をキャッチする側の機器との間に障害物があることで、
電波が届きにくくなってしまいます。

なのでWiFiルーターとの間に壁などの障害物を挟まずに、
近くで接続することで通信速度は改善される可能性があります。

またWiFiルーターの周りに物が置いてあると、
それが障害物となり通信速度を落としてしまうかもしれません。

ですからWiFiルーターの周りに障害物となりうる物を置かないということも
結構重要なんですね。

またWiFiルーターを部屋の高い位置に置いておくことで、
比較的遠くまで届きやすくなるということもありますよ。

WiFiに多くの機器を繋ぎすぎ

WiFiルーターの説明書を見ると「同時接続10台」などと書いてあったりします。

これはパソコンやスマホなど10台までなら同時に接続して通信することが
可能ということなんですね。

しかしさすがに10台も同時に接続すると通信速度が大幅に落ちてしまいます。

例えばカフェなんかに無料で使える公衆WiFiが設置されていることがありますよね。

混雑している時にあれを使うと、繋がりにくかったり、
繋がっても通信速度が極端に遅くて使い物にならないことがあるかと思います。

これと同じことが自宅のWiFiルーターでも起こっているというわけなんです。

最近はパソコンやスマホだけでなく、
テレビやゲーム機なんかもインターネットに接続できるようになっています。

人によってはこれらも常時WiFi接続していて、パソコンやスマホを加えると
5台も6台も同時に接続している状態になっていたりします。

同時に10台まで接続できると言っても、
快適な通信速度で使えるのはせいぜい3~4台まで。

それ以上になると、通信が不安定になったり、
通信速度が極端に遅くなったりすることもあります。

パソコンやスマホは常時接続でも良いですが、
テレビやゲーム機などは使わない時にはWiFi接続を切っておくようにしましょう。

他の電化製品による電波干渉

WiFiルーターでは2.5GHzという周波数の電波を使っています。

実はこの2.5GHzの電波というのは、WiFiルーターだけでなく、
他の電化製品でも一般的に使われています。

例えば電子レンジやコードレスフォンの親機と子機を繋ぐのにも2.5GHzの電波が
使われているんです。

こうした2.5GHzの電波を使う他の電化製品の近くでWiFi接続をすると、
互いに電波干渉を起こしてしまう恐れがあります。

電波干渉が起こることでWiFiが繋がりにくくなったり、
通信速度が極端に遅くなったりするわけです。

コードレスフォンは使っていない人も多いでしょうが、
電子レンジは今や必需品とも言える電化製品です。

特に一人暮らしの場合は、食事の準備には欠かせない機器ですよね。

また隣など近所の家でWiFiルーターを使っている場合にも
電波干渉が起こってしまう危険性があります。

特にワンルームマンションだと隣の部屋と距離が近いですから、
WiFiルーター同士で電波干渉を起こす恐れが大です。

かと言って隣の人にWiFiルーターを使わないようにしてもらうことはできません。

なので、電子レンジの近くを避けつつ、隣の部屋のWiFiルーターの影響を
受けない場所を部屋の中で探して通信するしかないかもしれませんね。

WiFiルーターに問題あり、通信速度は規格で決まる?

WiFiルーター自体に問題があって通信速度が遅くなっていることもありえます。

実はWiFiには規格があり、
それぞれの規格によって最大通信速度が決められています。

なのでWiFiルーターの対応規格が最新のものでないと、
十分な通信速度が出ないこともあるわけです。

WiFi規格とそれぞれの最大通信速度は
 ・11b・・・11Mbps
 ・11a・・・54Mbps
 ・11g・・・54Mbps
 ・11n・・・600Mbps
 ・11ac・・・6.9Gbps
となっています。

光回線の通信速度は最大1Gbpsですから、
できれば11ac対応のWiFiルーターを使うのが望ましいんですね。

10年以上前に発売されたものや最近発売されたものでも2,000円台3,000円台と
安価な機種だと11nまでしか対応していない場合があります。

WiFi規格が11acに対応していないなどWiFiルーターの問題で通信速度が遅い場合、
思い切ってWiFiルーターを外して通信するのも1つの方法です。

ADSLで言うところの「モデム」が光回線だと「ONU」になるんですが、
LANケーブルを使ってONUと直接接続するということです。

しかし、デスクトップパソコンならともかく、
ノートパソコンだと最近はLANポートが付いていない機種もあります。

もちろんスマホやタブレットにもLANポートなんてありませんよね。

USBポートに接続できる変換アダプタが通販サイトなどで手に入るので、
万が一のためにそういったものを備えておくのも良いですね。

ただONUにはLANポートが1つしかないので、
同時に複数の機器を接続できませんが・・・。

WiFiルーターのファームウェアが古い

WiFiルーターに限らず、あらゆる電化製品の基礎的な部分を
コントロールしているプログラムに「ファームウェア」というものがあります。

私自身ファームウェアについてよく分かっていませんが、
要するに「機械を動かす上で非常に重要なもの」なんですね。

実はWiFiルーターのファームウェアをアップデートすることで、
WiFiの繋がりにくさや通信速度が遅さが改善されることもあるんです。

スマホアプリなんかでも、
アップデートすることでバグや不具合が解消されることってありますよね。

あれと同じでWiFiルーターのファームウェアをアップデートすることで、
接続トラブルが改善できるというわけです。

ただしWiFiルーターのファームウェアのアップデートに失敗すると
ルーター自体が壊れてしまいます。

ファームウェアのアップデートはパソコンで行いますが、
WiFiルーターはもちろんパソコンの電源も絶対に落ちないようにしないといけません。

さらにパソコンがフリーズしてもダメなので、
アップデート中は極力パソコンを使わないようにしましょう。

とは言え、長時間放置すると自動的にスリープ状態になってしまう機種もありますから、
あまりほったらかしすぎてもダメですよ。

またファームウェアのアップデート自体が頻繁に行われるものではないので、
新しいバージョンが公開されておらずアップデートできないこともあります。

ファームウェアのアップデート方法については、
それぞれのメーカー公式サイトを参照してください。

セキュリティ機能「ファイアウォール」が原因?

パソコンやスマホのOS、セキュリティソフトには「ファイアウォール」という
セキュリティ機能が付いています。

文字通り、インターネットとパソコンの間で「壁」のような役割を果たす機能です。

このファイアウォールはWiFiルーターにも備えられています。

これがあることで、インターネット側から自分のパソコンに向かって行われる攻撃や
不正アクセスを防ぐことができるわけです。

ファイアウォールは怪しい・危険だと判断した通信は遮断してしまいます。

なのでWiFiが繋がらない場合は、ファイアウォールによって
危険な通信だと判断され遮断されている場合があるんですね。

ですからWiFiが繋がらないのであれば、一時的にファイアウォールを無効にしたり、
設定を変更することで繋がるようになる可能性はあります。

ただファイアウォールの影響で通信速度が遅くなっているというのは
あまり考えられないと思います。

一時的にでもセキュリティが脆弱になるのは怖いですから、
ファイアウォールの設定は無理にいじらない方が良いかもしれませんね。

WiFiルーターの出力が弱い

WiFiルーターには機種によって「推奨環境」が設定されており、
自宅の大きさや部屋数に合ったものを使った方が良いんですね。

5,000円以下の安価なものだと「ワンルーム」、5,000~10,000円の価格帯だと
「2階建て・3LDK」、10,000円以上だと「3階建て・4LDK」などとなっていたりします。

なので2階建てや3階建ての家でワンルームで用のWiFiルーターを使うと、
出力が弱くて家の中でWiFi電波が届かない部屋が出てきます。

例えば1階にルーターを置いていると2階までは電波が届かず、
2階ではWiFiが使えないなんてことになってしまいます。

ワンルームで2階建て・3階建て用を使うのはまだ良いです。

しかし部屋の外や隣の部屋にまでWiFi電波が届くことになり、
場合によっては赤の他人に「タダ乗り」されてしまう恐れもあります。

また電波干渉を起こしやすくなるなど隣の部屋の人にとっては迷惑にもなるので、
ワンルームで出力の強いものを使うのもあまり良くないですね。

置き場所を変えたり、中継器や増幅器を利用する

基本的にWiFi電波って、WiFiルーターを中心に360度放射状に広がっていきます。

ですから壁際よりも家の中央、
さらには高い位置に置くことで家中にWiFi電波が届きやすくなります。

また出力の強いWiFiルーターに買い替えなくても、
中継器や増幅器を使うことで家中にWiFi電波を行き渡らせることもできます。

安いものなら2,000~3,000円台で購入することができますから、
買い替えるより安く上がる可能性が高いですね。

ただ注意しないといけないのは、
WiFiルーターと中継器・増幅器の仕様が違うと使えないということです。

またWiFiルーターと中継器・増幅器が同じメーカーのものでも、
タイプが違うと使用できない場合もあります。

中継器や増幅器を購入する場合は、無駄な買い物にならないよう、
事前に自宅のWiFiルーターと接続できるかどうかしっかり確認しておきましょう。

それから中継器や増幅器のWiFi規格にも注意しておかないと、
中継器や増幅器のせいで通信速度が遅くなるなんてことになってしまいますよ。

あらゆる対策を試してダメなら・・・

通信速度を速くするための対策を色々と施しても効果が無い場合、
思い切ってWiFiルーターを買い替えるというのも1つの方法です。

通販サイトなら色んなメーカーの色んな機種を簡単に購入することができます。

もちろん家電量販店やパソコンショップなど店舗でも、
多少メーカーや機種は限られるものの、購入できます。

ワンルーム向けなら2,000円台からありますし、
2階建て・3LDK向けだと10,000円までで買えます。

3階建て・4LDK向けとなると10,000円以上しますが、
2~3年で壊れるものでもないのでそれほど高額というわけでもありません。

通信機器に興味がある人や機械関係に強い人なら、
通販サイトでも自分の家や使い方に合ったWiFiルーターを選ぶこともできます。

でも通信機器に興味の無い人や私のように機械に弱い人は、
どれを選べば良いか分かりませんよね。

そこで実際に購入するしないは別にして、一度家電量販店やパソコンショップに出向き、
店員さんに相談してみると良いんじゃないでしょうか。

通信速度が遅い原因がプロバイダかどうかを調べる方法

WiFiルーターを買い替えたあるいはルーターに問題は無かったとなると、
プロバイダの問題で通信速度が遅くなっている可能性がかなり濃厚です。

ただ普通にスピードテストで通信速度を計測したのでは、
プロバイダに問題があるのか回線に問題があるのかが分かりません。

そこで通信速度が遅い原因が回線ではなくプロバイダであるということを
調べる方法を紹介しましょう。

実は各回線事業者の公式サイトには、
回線自体の通信速度を測定するサービスがあります。

例えばフレッツ光だと、東日本は「情報サービスサイト」、
西日本は「通信速度の改善ポイント」というページから測定できます。

そしてUSENなどのスピードテストで測定すると、
プロバイダを通した通信速度を測定することができます。

この2つの結果に大きな差が無い場合は、
通信速度が遅い原因は回線にあるということになります。

逆に2つの測定結果に大きな差がある場合は、
プロバイダが原因で通信速度が落ちているということが分かるわけです。

プロバイダが原因だと分かったら

測定の結果プロバイダが原因で通信速度が遅くなっていることが分かったら
即プロバイダの乗り換えとなりそうですが、ちょっと待ってください。

簡単にプロバイダを乗り換えると言っても手続きに手間が掛かりますし、
場合によっては違約金が発生してしまいます。

プロバイダを乗り換えずに通信速度を改善する方法もあるんです。

プロバイダの公式サイトにアクセスして、
「IPv6」のオプションサービスが無いか確認してください。

もしあれば、ほとんどの場合無料で利用できますから、
すぐにでも「IPv6」オプションに加入しましょう。

IPv6は次世代の通信方式で、
従来のIPv4という通信方式に比べて通信速度が速くなる可能性が高いんです。

ですからプロバイダを乗り換えなくて、
IPv6オプションに加入するだけで通信速度アップが大いに期待できるというわけです。

これならオプション加入の手間だけで乗り換えに比べると遥かに簡単ですし、
お金も掛かりませんよ。

プロバイダを乗り換える

最近IPv6に対応したプロバイダが増えているものの、
全てのプロバイダがIPv6に対応しているわけではありません。

ですからプロバイダサイトを確認した結果、
今使っているプロバイダにIPv6オプションが無いということも少なからずあります。

この場合はプロバイダを乗り換えるしか通信速度を早くする方法はありません。

IPv6対応のプロバイダに乗り換えるのはもちろんなんですが、
できれば「V6プラス」対応のプロバイダを選ぶ方が良いですよ。

同じIPv6対応でも、
V6プラスに対応しているプロバイダとそうでないプロバイダがあります。

何故V6プラスが良いのかは長くなるので省きますが、
V6プラス対応の方がより通信速度アップが期待できるんです。

もちろんV6プラスにしたからといって料金が高くなることもないですし、
別途オプション料金が発生することもありません。

V6プラス対応のプロバイダに乗り換えることで、
体感的にも分かるほどに通信速度が速くなるかもしれませんよ。

光回線を乗り換える

プロバイダだけでなく、
いっそのこと光回線ごと乗り換えるというのも良いかもしれません。

特にNTTのフレッツ光は料金が高いですから、ドコモ光やソフトバンク光など
光コラボレーションに乗り換えることで料金も安くなります。

「でも回線の乗り換えは手間も時間もお金も掛かる・・・」と思いますよね。

でもフレッツ光から光コラボレーションへの乗り換えであれば、手続きも簡単で、
時間もお金も通常の乗り換えより少なくて済むんです。

さらにドコモ光やソフトバンク光といった大手携帯キャリア系であれば、
スマホとのセット割で毎月のスマホ代も安くなりますよ。

マンションなど集合住宅だと配線方式で通信速度が遅くなっていることも

戸建てだと通信速度が遅い原因は先に挙げた
 ・WiFiルーターなど機器の問題
 ・プロバイダの問題
 ・回線の問題
です。

ところがマンションなど集合住宅の場合はもう1つ「配線方式の問題」ということも
考えられます。

集合住宅のインターネット回線の配線方式は
 ・光配線方式
 ・VDSL方式
 ・LAN配線方式
の3種類です。

光配線方式は、
近くの電線から共用部を通って各部屋まで光ファイバーケーブルが届いています。

VDSL方式は、光ファイバーケーブルが届いているのは共用部まで、
各部屋へは電話回線を通して分配しています。

LAN配線方式も光ファイバーケーブルは共用部まで、
各部屋へはLANケーブルで分配することになります。

光配線方式以外の2つの方式では、回線自体の通信速度は最大1Gbpsでも、
各部屋に分配される段階で最大100Mbpsに制限されてしまいます。

なので大元は最大1Gbpsなのに、各部屋ではせいぜい数十Mbps、数Mbpsしか
出ないということになるわけなんですね。

VDSL方式だとIPv6対応の回線やプロバイダに乗り換えるのは意味が無い?

ではVDSL方式の集合住宅で、最大1GbpsかつIPv6対応の回線やプロバイダに
乗り換えるのは意味が無いのでしょうか?

最大1Gbpsの回線に乗り換えたところで、
VDSL方式がネックとなり最大でも100Mbpsまでしか出ません。

またVDSL方式は電話回線を使うことからノイズに弱く、
通信速度の減退も大きくなっています。

しかしIPv6対応の回線及びプロバイダに乗り換えることで、
従来よりは通信速度が速くなる可能性は十分にあります。

ただいくら頑張っても最大100Mbpsですから、
せいぜい数Mbpsが数十Mbpsになるぐらいのことです。

体感的にはあまり違いを感じないかもしれませんが、
通信速度の改善は十分期待できるのではないでしょうか。

-自宅のWIFIが遅い

Copyright© ドコモ光の評判はプロバイダで変わってきます! , 2018 All Rights Reserved.