*

ドコモ光をドコで契約するのがお得?

ドコモ光は本当にお得?フレッツ光より安くなる?

投稿日:

ドコモ光って本当にお得?

どうも、ドコ太郎です。

少し前まで光回線と言えばNTTのフレッツ光に、
電力会社系のサービスぐらいしか選択肢がありませんでした。

しかし2015年に光コラボレーションが開始となり、
現在ではその選択肢は100社以上に上っています。

少々料金は高くても使い慣れているものを使い続けている、という人も多いでしょう。

中には、乗り換えることで料金が安くなるんだろうけど、
手続きなどが面倒なのでそのままにしている、なんて人も居るかもしれません。

とは言えどうせ光回線を使うのであれば、
ちょっとでもお得な方が良いに決まってますよね。

私はフレッツ光からドコモ光に乗り換えたクチですが、
知り合いから「ドコモ光って本当にお得?」などと聞かれることが時折あります。

そこでドコモ光ユーザーである私が、他の光回線と比べてドコモ光がお得なのか
そうでないのかを検証してみたいと思います。

ドコモ光にすると料金はどのぐらい安くなる?

ドコモ光がお得かそうでないかを検証する上で最も重要なのは、
何と言っても「料金」ですよね。

品質が良ければ料金は高くても構わない、とにかく料金さえ安ければ品質なんて
二の次、などという人も少なからず居るとは思います。

しかしほとんどの人は、やっぱり高品質なものを安く使いたいのではないでしょうか。

ドコモ光の料金プランは
 ・プランA・・・一戸建て 5,200円
         集合住宅 4,000円
 ・プランB・・・一戸建て 5,400円
         集合住宅 4,200円
となっています。

ちなみに、ケーブルテレビとセットになった「プランC」、
指定外のプロバイダが選べる「単独プラン」もあります。

ただ「プランC」と「単独プラン」については、正直料金が安くないので、
ここでは省略します。

これにオプション料金などはプラスされることもありますが、
ドコモ光はプロバイダ料込みなので基本的にこの料金で利用することができます。

プランAとプランBで僅かに料金が違いますが、選べるプロバイダが違うだけで、
特にサービス内容などに違いはありません。

これに対して、最も利用者が多いNTTのフレッツ光の料金は
 ・NTT東日本・・・一戸建て 4,700円
            集合住宅 3,050~4,050円
 ・NTT西日本・・・一戸建て 4,300円
            集合住宅 2,850~3,950円
となっています。

一見すると、一戸建てでも集合住宅でもドコモ光より
NTTのフレッツ光の方が安いみたいですよね。

しかしドコモ光はプロバイダ料込みの金額なんですが、
フレッツ光はプロバイダ料別の金額なんです。

プロバイダ料は大体1,000円前後ですから、
それを合わせるとやっぱりドコモ光の方が安いということになります。

条件次第ではフレッツ光の方がお得になる場合も

基本的にフレッツ光よりドコモ光の方が料金が安いのは確かです。

ただ光回線を利用する条件によっては、フレッツ光の方が安くなる場合もあるんです。

ドコモ光では集合住宅の料金はひとまとめになっていますが、
フレッツ光では契約戸数によって料金が変わります。

NTT東日本だと
 ・4戸以上・・・4,050円
 ・8戸以上・・・3,450円
 ・16戸以上・・・3,050円
で、西日本だと
 ・6戸以上・・・3,950円
 ・8戸以上・・・3,250円
 ・16戸以上・・・2,850円
となります。

一戸建てや集合住宅でも、月額500円ぐらいの激安プロバイダを使わない限り、
ドコモ光より安くなることはありません。

しかし16戸以上がフレッツ光を利用している集合住宅であれば、
激安プロバイダでなくても、ドコモ光より料金が安くなる可能性が高いんです。

先にも書いたように一般的なプロバイダ料金は1,000円前後ですから、
西日本であれば3,000円台に収めることもできてしまいます。

現在は100を超える光回線事業者がありますが、
3,000円台で光回線が利用できるのは最安クラスと言っても良いのではないでしょうか。

このように必ずしも、フレッツ光は料金が高くて、
ドコモ光など光コラボレーションは料金が安いというわけではありません。

自分の利用条件を確認した上で、どこの料金が一番安いのかを見極めることが重要なんですね。

ドコモ光の魅力は「セット割」にあり

フレッツ光と比較するとドコモ光の方が安いんですが、
他の光コラボレーションと比較すると決してドコモ光は安くありません。

実際同じNTT系の「ぷらら光」や「楽天コミュニケーションズ光」は
 ・一戸建て・・・4,800円
 ・集合住宅・・・3,800円
となっており、月に200~600円ドコモ光より安く利用できます。

確かに光回線の利用料金だけを比較すると、ドコモ光が一番安いわけではありません。

しかしドコモ光をお得するとする理由は、光回線の利用料金だけでなく、
ドコモスマホとの「セット割」にあるんです。

ドコモ光とドコモスマホをセットで使うと、スマホの料金プランに応じて、
毎月のスマホ代が割引されます。

具体的な割引額は、シェアパックだと
 ・ウルトラシェアパック100・・・3,500円
 ・ウルトラシェアパック50・・・2,900円
 ・ウルトラシェアパック30・・・2,500円
 ・ベーシックシェアパック・・・800~1,800円
で、データパックなら
 ・ウルトラデータLLパック・・・1,600円
 ・ウルトラデータLパック・・・1,400円
 ・ベーシックパック・・・100~800円
となります。

セット割はスマホ代の割引で、ドコモ光の料金が安くなるわけではありませんが、
通信費全体で考えるとお得になるのは違いありません。

光回線サービスとドコモスマホをセットで使って割引が受けられるのは、
ドコモ光だけです。

なのでドコモのスマホを使っているのであれば、
光回線はドコモ光を使うのが一番お得というわけなんですね。

セット割はauやソフトバンクの方がお得?

ドコモ光のセット割は、同じ大手携帯キャリアの光回線サービスであるauひかりや
ソフトバンク光に比べるとお得じゃないと言われることがあります。

ドコモ光のセット割は、家族で何回線使っていても割引が受けられるのは
代表の1回線だけとなっています。

それに対してauひかりやソフトバンク光のセット割は、
家族で利用している回線分割引が受けられます。

例えば家族で4人で4回線使っているとすると、ドコモ光だと割引は1回線だけで、
auひかりやソフトバンク光だと4回線とも割引が受けられるというわけです。

auひかりのセット割の割引額は、スマホの料金プランごとに
 ・ピタットプラン・・・2GBまで 500円
             2GB以上 1,000円
 ・フラットプラン・・・1,000円
 ・データ定額1、2、3・・・934円(データ定額1は3年目以降500円)
 ・データ定額5、20・・・1,410円(3年目以降934円)
 ・データ定額30・・・2,000円(3年目以降934円)
となっています。

ソフトバンク光は、データ定額5、20、50でそれぞれ1,000円の割引となります。

なので家族4人で4回線使っている場合には、ドコモ光より
auひかりやソフトバンク光のセット割の方がお得になる可能性が高いです。

しかし我が家のように夫婦2人で2回線使っているような場合は、
スマホの料金プランにも依りますが、ドコモ光の方が割引額が大きくなります。

またドコモ光のセット割は、
基本的にドコモ光とドコモスマホをセットで使えば適用となります。

しかしauひかりの場合は、
auひかりとauスマホに加えてひかり電話も利用して初めてセット割が適用されます。

ひかり電話には月額500円が掛かりますから、
有料オプションに加入しないと適用されないというのはマイナスポイントですね。

ソフトバンク光の場合は有料オプションへの加入は不要ですが、
データ定額5以上でないと適用されません。

ソフトバンクでは1GB2GBという小さいデータ定額も利用できますが、
それらではソフトバンク光とのセット割は適用されないんですね。

その点ドコモ光のセット割は、有料オプションへの加入はもちろん不要ですし、
1GBのような小さいデータパックでも適用されます。

ドコモ光は1回線だけで、auひかりやソフトバンク光は何回線でも割引が受けられる、
ということだけでドコモ光はお得じゃないとされていることがほとんどです。

しかしその中身をよく見てみると、
auやソフトバンクのセット割には条件が付されていますから、
一概にドコモよりauやソフトバンクがお得ってわけでもありませんよ。

キャンペーンも実はドコモが一番お得

光回線の比較サイトで、
ドコモ光がお得じゃないとされる大きな理由が「キャンペーンが弱い」ということです。

他の光回線サービスでは数万円のキャッシュバック、
ドコモ光ではdポイントプレゼントですから、
これだけを見ると確かにドコモ光を選ぼうとはなりませんよね。

しかし実際には、
ドコモ光のdポイントプレゼントの方が他社のキャッシュバックよりお得なんです。

現金とdポイントでdポイントの方がお得なわけない、と思いますよね。

確かにdポイントは現金に比べると使い道は限られており、有効期限もありますから、
単純な比較では現金に敵いません。

ところが光回線のキャンペーンで貰える現金とdポイントとなると、
そうとも言い切れなくなります。

ドコモ光では、新規で20,000ポイント、
フレッツ光からの転用で10,000ポイントのdポイントが貰えます。

これは公式キャンペーンですから、どこで申し込んでも、
プロバイダはどこを選んでも、このdポイントは貰えます。

しかも実際にdポイントが貰えるのはドコモ光開通の翌々月、
すなわちドコモ光を使い始めて3か月目には貰えるわけです。

まずauひかりやソフトバンク光では、キャッシュバックやポイントプレゼントなどの
キャンペーンは公式には行われていません。

auひかりやソフトバンク光では高額キャッシュバックが貰えると紹介しているサイトも
ありますが、それはあくまで代理店サイトを通じて申し込んだ場合です。

ドコモ光でもそうですが、代理店サイトの高額キャッシュバックに騙されちゃダメです。

50,000円とか70,000円なんて金額を見るとそのサイトで申し込みたくなりますが、
無条件でこれだけのキャッシュバックが貰えることはほぼ無いんです。

代理店サイトの高額キャッシュバックには何らかの条件が付いていることが多く、
そのほとんどがお金の掛かる条件なんです。

多いのが「弊社指定オプションへの加入」という条件で、
場合によっては月額数千円にも及ぶ有料オプションに加入させられることがあります。

50,000円のキャッシュバックを貰うために、
合計で50,000円以上のオプション料金を払うことになったりします。

キャッシュバックを貰ったことで損してしまうことにもなりかねないわけです。

それからキャッシュバックを貰える時期が以上に遅いということも結構あります。

先にも書いたように、ドコモ光のdポイントは開通の翌々月に貰えます。

しかしキャッシュバックの場合、
利用開始後半年から1年経たないと貰えないことも少なくありません。

悪い例として出して申し訳ないですが、光コラボレーションの「BIGLOBE光」では
公式で28,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

BIGLOBE光のキャッシュバックには特に条件も付いていませんし、
金額的にもドコモ光より多いですから、断然こちらの方がお得に見えます。

ところが注意事項をよーく読んでみると、
実際にキャッシュバックが受け取れるのは利用開始12か月後となっています。

逆に言うと、
BIGLOBE光を1年使い続けないとキャッシュバックが貰えないということです。

キャッシュバックが貰えるのが1年後となると、貰い損ねる危険性も高くなります。

「タダで現金が貰えるのに、1年後でも忘れるはずがない」と普通は思いますし、
私もそう思っていました。

ところが、ある光回線の代理店が調査したところ、
キャッシュバック手続きが利用開始10か月後以降だと約7割もの人が
手続きをし忘れているという結果が出ています。

BIGLOBE光のキャッシュバック手続きは利用開始12か月後ですから、
約7割の確率で手続きをし忘れ、キャッシュバックを貰い損ねるというわけです。

キャッシュバックとdポイントプレゼントなら、
キャッシュバックの方が魅力的なのは確かです。

しかしキャッシュバックには、貰うのに別途料金が必要だったり、
貰い損ねる危険性があるなど落とし穴もたくさんあります。

逆に損したり、貰い損ねる危険性のあるキャッシュバックと、
無条件で確実に貰えるdポイントプレゼント。

これでも「dポイントしか貰えないよりキャッシュバックを貰える方が絶対お得」
と言えますか?

-ドコモ光をドコで契約するのがお得?

Copyright© ドコモ光の評判はプロバイダで変わってきます! , 2018 All Rights Reserved.