*

ocn光とドコモ光を比較

OCN光とドコモ光は似て非なるもの、利用するならどちらが得?

投稿日:

ドコモ光とOCN光ならどっちがお得?

こんにちは、ドコ太郎です。

現在国内でスマホ・携帯電話の契約数が一番多いキャリアと言えば、
もちろん「ドコモ」です。

現在国内で最も利用者数の多いプロバイダと言えば「OCN」です。

どちらもNTTグループの企業であり、電電公社がNTTになって久しいですが、
いまだに「親方日の丸」だった頃からの信頼感は根強いんですね。

そんなNTTグループに属する2社ですが、
ともに「ドコモ光」「OCN光」という光コラボレーションサービスを行っています。

私は以前、スマホはドコモ、自宅の固定回線はフレッツ光、
そのプロバイダはOCNとガチガチのNTT信者でした。

ただフレッツ光+OCNの通信速度に不満があって、回線をドコモ光へ、
プロバイダはGMOとくとくBBへと乗り換えました。

NTT信者なのは相変わらずですが、少し「信心」が薄れたのか、
プロバイダだけは非NTTグループのものになっています。

ただ現在でも、以前の私と同じように、スマホも固定回線もプロバイダも
NTTグループで固めているという人が少なからず居ると思います。

ドコモからはドコモ光への、OCNからはOCN光への勧誘があって、乗り換え自体や
乗り換えるにしてもどっちにするか迷っているということもあるんじゃないでしょうか。

そこで、ドコモ光とOCN光を色々な面で比較し、
どちらがお得なのかを見ていきたいと思います。

料金が安いのはOCN光

フレッツ光からドコモ光やOCN光などの光コラボレーションに乗り換える大きな動機は、
やはり料金でしょう。

フレッツ光だとプロバイダ料込みで月額5,000~7,000円ぐらいは掛かります。

ところがドコモ光やOCN光だと月額4,000~5,000円ですから、
場合によっては月に1,000円以上も安くなるんですね。

ドコモ光もOCN光もフレッツ光より安いのは当然として、
ではドコモ光とOCN光ならどちらの料金が安いのでしょうか?

ドコモ光ではプロバイダによって選べるプランが違い
 ・プランA・・・戸建て 5,200円
         集合住宅 4,000円
 ・プランB・・・戸建て 5,400円
         集合住宅 4,200円
となっています。

プランAとプランBの違いは基本的に料金だけで、
料金の高いプランBの方がサービス内容が良いということはありません。

ちなみに、ドコモ光の指定プロバイダにOCNも名を連ねており、
ドコモ光のプロバイダとしてOCNが利用できるのはプランBです。

一方OCN光の料金は
 ・戸建て・・・5,100円
 ・集合住宅・・・3,600円
となっています。

戸建ての場合は月100円、
マンションなど集合住宅だと月400円もOCN光の方が安いんですね。

2年間の合計支払額で比較してみると
 ・ドコモ光・・・戸建て 124,800円
         集合住宅 96,000円
 ・OCN光・・・戸建て 122,400円
         集合住宅 86,400円
となります。

戸建ての料金差は気にするほどではありませんが、
集合住宅の場合は2年間で約10,000円の違いですからバカにできませんよね。

単純に月額料金のみを比較すると、OCN光に軍配が上がります。

スマホとのセット割はドコモ光がお得

月額料金だけなら、特にマンションだと、OCN光の方がお得です。

しかしドコモ光には、ドコモスマホとのセット割があります。

ちなみに、
NTTグループは当初フレッツ光でドコモスマホとのセット割を行おうと考えていました。

ところがNTTは通称NTT法という法律によって、
総務省の許可無しにサービス内容の変更をすることができないんだとか。

そこで、光回線サービスとドコモスマホとのセット割を実現するために
NTTが考え出したのが光コラボレーションなんだそうです。

ドコモ光とドコモスマホとのセット割は、
ドコモスマホで利用している料金プランによって割引額が変わります。

一番割引額が大きいのは家族でパケットが分け合えるシェアパック100で月3,500円、
一番割引額が小さいものでも月500円となります。

ドコモ光とOCN光の料金差はマンションで月400円ですから、
スマホ代を含めた通信費全体で考えるとその差は逆転するんですね。

しかしOCN光にもスマホとのセット割があります。

残念ながらドコモスマホとのセット割ではなく、
OCNの格安SIMサービスである「OCNモバイルONE」とのセット割です。

OCNモバイルONE自体の料金が安いこともあり、セット割は月200円だけ。

ただドコモ光のセット割がドコモスマホ1台にしか適用されないのに対して、
OCN光では利用している台数×200円の割引になります。

とは言え、それでも月数百円から1,000円程度の割引でしかありませんから、
やはりセット割のお得さではドコモ光の方が上でしょう。

現状でOCNモバイルONEを使っているなら、当然OCN光を使った方がお得です。

しかし現状ドコモスマホを使っており、光回線とともにスマホもOCNに乗り換えるほどの
価値があるかと言われるとちょっと疑問ですね。

通信速度はどちらが速い?

光回線サービスを利用するのに、料金が安いに越したことはありませんが、
いくら安くても使い勝手悪けりゃ意味がありませんよね。

回線の使い勝手を測る上で重要な指標となるのが「通信速度」です。

通信速度が遅いと、動画はもちろん、画像一枚読み込むのにも時間が掛かりますから
SNSやネットサーフィンもままなりません。

なので通信速度は少しでも速い方が、
インターネットを利用する上では使い勝手が良いということになります。

ではドコモ光とOCN光ではどちらの通信速度が速いのでしょうか?

まず大前提として、ドコモ光やOCN光に限らず光コラボレーション全般では、
基本的にフレッツ光の回線を利用することになります。

光コラボレーションでは、各事業者がNTTからフレッツ光の回線を借りるような形で
サービスを行っています。

ですからフレッツ光でも光コラボレーションでも、
基本的には同じ回線を使うことになるんですね。

そうするとドコモ光もOCN光も同じ回線を使うわけですから、
通信速度も同じ最大1Gbpsとなります。

じゃあドコモ光でもOCN光でも通信速度に違いが無いかというと、
そんなことはありません。

回線の通信速度で重要なのは最大値ではなく実測値です。

しかしこの実測値も計測する地域や時間によって大きく左右されるので、
一概にどちらが速いとは言えないんですね。

「v6プラス」対応プロバイダで通信速度はドコモ光に軍配

ただ、ドコモ光とOCN光を比較すると言っておきながら、
どちらが速いとは言えないというのは無責任ですよね。

そこでちょっと違った視点から通信速度を比較してみたいと思います。

最近プロバイダの公式サイトで「v6プラス対応」などと書かれているのを
見たことがあるかもしれません。

このv6プラスというのは次世代通信方式の1つであり、
従来の通信方式であるIPv4よりも通信速度が速い可能性が高いんです。

要するに、v6プラス対応のプロバイダを利用すれば
通信速度が速くなる可能性が高いということです。

ドコモ光には、OCNを含めて、全部で26社の指定プロバイダがあります。

そのうち7社がv6プラス対応で、
これらのプロバイダを選ぶことで通信速度の大幅アップが期待できます。

一方OCN光ではプロバイダはOCNのみで、
基本的にはそれ以外のプロバイダを選ぶことはできません。

ドコモ光のv6プラス対応プロバイダ7社の中にOCNの名前は無いので、
OCNはv6プラス非対応のプロバイダということになります。

しかしOCNは次世代通信方式の1つである「IPv6対応」ですから、
従来のIPv4よりは通信速度が速い可能性が高いです。

長くなるので細かい説明は省きますが、
「IPv6対応」よりも「v6プラス対応」の方が通信速度が速い可能性が高くなっています。

なのでプロバイダ次第ではありますが、
ドコモ光の方がOCN光よりも通信速度が速い可能性が高いということになります。

ただしドコモ光のプロバイダによってはOCN光より通信速度が遅くなってしまうことも
あるので、プロバイダ選びには注意が必要ですよ。

キャンペーンはどちらがお得

光回線サービスを比較検討する際、多少料金が高くても、
少々使い勝手が悪くても、キャンペーンがお得だとちょっと惹かれますよね。

そこでドコモ光とOCN光のキャンペーンについても比較しておきましょう。

ドコモ光では、公式キャンペーンとして「dポイントプレゼント」があります。

新規契約で20,000ポイント、転用で10,000ポイント、
プロバイダや代理店によっては地域限定でさらに10,000ポイントが貰えます。

dカードのポイント還元率って基本1%ですから、
200万円分使った場合のポイント数に相当します。

それ以外にもプロバイダの公式キャンペーンとして、
 ・GMOとくとくBB・・・16,000円のキャッシュバック
 ・So-net・・・5,000円分のソネットポイントプレゼント
などもあります。

GMOとくとくBBやSo-netなら、ドコモ光のキャンペーンでdポイントが貰えて、
さらにキャッシュバックやポイントが貰えます。

あとは代理店サイトで最大15,500円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンも
行われています。

dポイントは現金のように自由には使えませんが、1ポイント=1円として加盟店などで
使えますし、ドコモスマホの料金に充てることもできます。

なのでドコモ光ではキャンペーンを上手く使うことで、
最大20,000~30,000円ぐらい得することになりますね。

一方OCN光のキャンペーンはと言うと、公式に行われているのは
 ・新規開通工事費無料
 ・訪問サポート初回無料
で、キャッシュバックやポイントは貰えません。

新規開通工事費無料はドコモ光でも当たり前に行われています。

フレッツ光からの乗り換えであれば開通工事は不要ですから、
乗り換えのユーザーには全くメリットの無いキャンペーンです。

訪問サポート無料についても、ドコモ光にはありませんが、
プロバイダには同じようなサービスを行っているところがいくつかあります。

また代理店では、最大18,000円のキャッシュバックやノートパソコン・タブレット・
家庭用ゲーム機などが特別価格で買えるキャンペーンが行われています。

タブレットにはiPadも含まれていますし、ゲーム機だとNintendo SwitchやPS4を
10,000円台で購入することができるようになります。

ドコモ光のキャンペーンはプロバイダも含めて公式に行われているものが多く、
代理店サイトを経由しなくても特典が貰えます。

しかしOCN光の場合は、公式に行われているものは無いに等しく、
代理店サイトを通じて申し込まないと貰えないものばかりです。

単純に貰える金額だけを比較してもドコモ光の方が上ですし、
申し込みの手軽さを考えてもドコモ光に軍配ですね。

-ocn光とドコモ光を比較

Copyright© ドコモ光の評判はプロバイダで変わってきます! , 2018 All Rights Reserved.