*

IPV6対応について

IPv4 over IPv6対応のプロバイダで通信速度は速くなる?

投稿日:

IPv6って何?

こんにちは、ドコ太郎です。

最近光コラボレーション事業者やプロバイダの公式サイトを見ていると、
「IPv6対応」と大々的に宣伝している場合がありますよね。

しかしIPv6に対応したところで何のメリットがあるかよく分からないし、
大体IPv6自体が一体何なのか知らないという人も多いと思います。

さも自分はよく知っているというような書き方になりましたが、
かく言う私も詳しくは分かっていません。

根っからの文系である私にはIPv6について深く理解することは難しく、
表面を撫でただけのような浅い知識しかありません。

なのでIPv6の詳しい説明は他のサイトに任せるとして、ここでは私と同じように
機械に弱い人にも分かるようにごくごく簡単に解説したいと思います。

まずIPv6が何なのかですが、「IP」というのは「インターネットプロトコル」のことで、
簡単に言うとインターネットを使う際のルールみたいなものです。

「IP」という同じルールに則ってインターネットを使っている者同士であれば、
簡単に通信することができます。

逆に違うプロトコルを使う者同士だと、
間に変換器を通すなどしないと通信することができません。

分かりやすく言うと、同じ言語が話せれば簡単にコミュニケーションが取れますが、
違う言語しか話せない場合は通訳を介すなどしないと話ができないみたいなことです。

このIPを使って通信するためには「IPアドレス」というものが必要になります。

IPアドレスは我々の住所であり、身分証明書のようなもので、
これが無いとインターネットを使うことはできません。

前置きが長くなりましたが、
IPv6というのはこのIPアドレスのバージョン6のことなんですね。

現在の主流は一世代前のバージョン4「IPv4」で、
恐らく現状では多く人がまだこちらのIPv4を使っていると思います。

IPv4は使える個数に上限があり、約43億個までとなっています。

43億個でも途方もない数ですが、現在の世界の総人口が60億人以上ですから、
1人1つIPアドレスを持つことができないんですね。

まして最近ではパソコンに加えてスマホやタブレットなど1人で複数の通信機器を
持つのが当たり前となってきています。

IPv6も使える個数に上限はあるんですが、その数なんと約340澗個。

何やら見慣れない単位が出てきましたが、「澗」というのは「兆」の6つ先、
10の36乗です。

地球上の人間1人当たり1兆個割り当てても余るぐらいの数ですから、
ほぼ無限と言って良いぐらいです。

IoTによって今後は通信機器だけでなく
あらゆる電化製品がインターネットに繋がるようになります。

こうしたインターネット需要が高まることでIPアドレスの枯渇が懸念されていましたが、
IPv6によってそれが解決されるんですね。

IPv5はどこに行った?

現在主流がIPv4で、今後主流となるのがIPv6ですが、
その間のIPv5はどこに行ったんでしょうか?

IPのバージョンには偶数だけが使われるなんてことはなく、
ちゃんとIPv5というものも存在しています。

IPv4の枯渇を解消するため、IPv5も実用化に向けて実験が行われていました。

どういう経緯かは分かりませんが、実用化されることはなく、
次のIPv6が開発されることになったんだとか。

これは知らなくても良いことですが、とにかくIPv5はあるにはあるけど、
一般的には使えるものじゃないってことです。

IPv6のメリットとは?

IPv6によってIPアドレスの枯渇が解消されるのは良いとしても、
ユーザーにとってはどのようなメリットがあるのでしょうか?

IPv6のメリットはいくつかあるんですが、我々ユーザーにとって最大のメリットというと
「通信速度が速くなる可能性がある」ということでしょうか。

現在主流のIPv4には
 ・速度制限
 ・網終端装置の混雑
という2つの通信速度を低下させる原因があります。

インターネット回線にはそれぞれ「最大通信速度」が決められています。

フレッツ光やドコモ光などの光コラボレーションだと1Gbpsですし、
スマホなどで使うLTEだと一番速いもので700Mbpsぐらいでしょうか。
(1Gbps≒1000Mbps)

最近だとauひかりが関東地方限定で、最大10Gbpsのサービスを開始しました。

IPv4には、この回線の最大通信速度とは別に、
最大200Mbpsという速度制限が設けられているんです。

最大1Gbpsの光回線を使っているのに実測値で100Mbpsも出れば良い方なのは、
このIPv4の速度制限が原因だったんですね。

またIPv4では「網終端装置」というところを経由しないと
インターネットの世界に繋がることができません。

この網終端装置は、NTTの設備で都道府県ごとに設置されているんですが、
利用者が増えると混雑して通信速度低下を招く大きな原因となります。

平日の昼間に比べて夜間や休日に通信速度が遅くなるというのは、
この網終端装置の混雑が原因の1つなんですね。

ちなみに、網終端装置の増強には費用が掛かるらしく、NTTと各プロバイダで
負担割合を巡って折り合いが付かず、なかなか増強が進まないんだとか。

IPv6では、最大200Mbpsの速度制限が無くなり、
網終端装置を経由しなくてもインターネットに繋がるようになります。

IPv4で速度低下を招く2つの要因をともに回避できるということで、
IPv6では通信速度が速くなる可能性が高いというわけなんですね。

IPv6なら何でも通信速度が速くなるわけではない

IPv6対応なら何でも通信速度が速くなるかと言うと、決してそんなことはありません。

IPv6でもIPv4とそれほど通信速度が変わらないということもあるんです。

IPv6には
 ・IPv6 PPPoE
 ・IPv6 IPoE
 ・IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)
という3つの接続方式があります。

このうち1つ目の「IPv6 PPPoE」という接続方式は、基本的にIPv4と同じですから、
通信速度が速くなる可能性がほとんどありません。

網終端装置こそ経由しませんが、最大200Mbpsの速度制限は設けられています。

ですから、網終端装置の混雑が無くなる分少しは速くなる可能性はあるものの、
速度制限のせいで全体的にはIPv4と変わらないということになります。

2つ目の「IPv6 IPoE」と3つ目の「IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)」だと、
網終端装置も経由しませんし、速度制限もありません。

なのでこのいずれかの接続方式であれば、通信速度が速くなる可能性が高いです。

ただ2つ目の「IPv6 IPoE」には1つ問題があります。

それは、通信速度が速くなる可能性があるのは
「IPv6に対応したサイトやサービスを使った場合のみ」だということです。

最初に、同じIPを使う者同士は簡単に通信できるけど違うIPを使う者同士は
簡単には通信できない、というようなことを書きました。

その通り、IPv4とIPv6には互換性がありませんから、
IPv4にしか対応していないサイトやサービスをIPv6で利用することができないんです。

現状IPv6に対応しているサイトやサービスは
 ・Google
 ・YouTube
 ・Facebook
 ・ネットフリックス
 ・ウィキペディア
 ・IPv6対応プロバイダの公式サイト
ぐらいしかありません。

強いて言えば、内閣府など官公庁のサイトもIPv6対応ですが、
お世話になることがほとんど無いですよね。

今のところはIPv4のみ対応のサイトやサービスの方が圧倒的に多くなっています。

これらIPv4のみ対応のサイトやサービスは従来通りIPv4で利用することになるので、
通信速度も従来通りとなってしまいます。

IPv6で利用できるサイトやサービスが限られているだけに、
通信速度が速くなると言っても限定的なんですね。

そのIPv6 IPoEの問題点を解消したのが3つ目の「IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)」です。

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)では、特別な技術により、
IPv4のみ対応のサイトやサービスもIPv6で利用できるようになっています。

ほぼ全てのサイトやサービスをIPv6で使えるわけですから、
体感的にも通信速度の大幅アップが期待できるというわけなんです。

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応の光回線やプロバイダなんて無い!?

どうせ使うなら、同じIPv6でも通信速度が速くなる可能性が一番高い
IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)を使いたいですよね。

ところが光回線事業者やプロバイダの公式サイトを見ても、
IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応と書いていることはほとんどありません。

「理論上速くなるってだけで、実用化されてないのか」
とガッカリした人も居るかもしれませんね。

でも安心してください、IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)はしっかり実用化されており、
実際対応している回線やプロバイダもあります。

事業者やプロバイダごとに
 ・v6プラス
 ・v6オプション
 ・IPv6プラス
 ・transixサービス
と違ったサービス名が付いているだけで、
これらは全てIPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)のことなんです。

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)に対応している主な回線事業者は
 ・ドコモ光(v6プラス)
 ・Softbank光(v6プラス)
 ・So-net光(v6プラス)
 ・BIGLOBE光(v6オプション)
 ・@nifty光(v6プラス)
 ・IIJmio光(transixサービス)
などです。

So-netBIGLOBE、@niftyなどは、
IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応のプロバイダでもあります。

もちろんこれら以外にもIPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)に対応した光回線事業者や
プロバイダはたくさんあります。

先に挙げたサービス名を参考に、
自分に合ったIPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応サービスを見つけてください。

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)のデメリット

何事にもメリットがあればデメリットがあるわけで、
IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)にももちろんデメリットはあります。

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)の主なデメリットとしては
 ・特定ポートを使うサービスが利用できない
 ・固定IPが使えない
 ・PPTPを使うサービスが利用できない
 ・SCTPを使うサービスが利用できない
 ・IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークで利用できないサービスが使えない
などです。

「などです」って言われても、何のこっちゃさっぱり分かりませんよね。

ハッキリ言って下の3つは、普通にインターネットを使うだけなら
全く関係の無いことなので、気にする必要はありません。

強いて言えば、注意すべきデメリットは上の2つです。

まず1つ目の「特定ポートを使うサービスが利用できない」ですが、
特定ポートを使うサービスで身近なものと言えばオンラインゲームです。

じゃあIPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)だとオンラインゲームが一切できないかと言うと、
そんなこともありません。

実際IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応の回線やプロバイダを使ってオンラインゲームを
プレイしている人はたくさん居ます。
(私もその1人)

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)でプレイできないのは、PS4の一部のオンラインゲームだけです。

PS4でも一部を除けばできますし、
PS4以外のゲーム機やパソコンのオンラインゲームは問題無くプレイ可能です。

なのでNintendo Switchなどを使っている人は気にする必要が無く、
PS4を使っている人は事前にチェックしておいた方が良いですね。

それから2つ目の「固定IPが使えない」ですが、固定IPが使えないと
 ・自宅にサーバーを立てる
 ・外出先から自宅のパソコンを遠隔操作する
 ・Webカメラを使う
 ・一部のネット証券の利用
ができません。

普通にインターネットを使っている分には、
自宅にサーバーを立てるなんてことはまあほぼ無いでしょう。

自宅のパソコンを遠隔操作は、自分ではほぼやらないでしょうが、
トラブルが起こった場合のサポートで利用する場合があります。

サポートセンターのオペレーターが自分のパソコンを遠隔操作して、
トラブルを解決してもらうということは十分あり得ます。

Webカメラについても、自宅で留守番しているペットの様子を外出先から
確認するなどの目的で利用している人も居るんじゃないでしょうか。

また固定IPを使うことが絶対条件となっているネット証券も一部にあります。

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)のデメリットには対応策が無いわけではありません。

なのでこれらのサービスを利用する場合には、
事前に対応策をチェックしておくか回線事業者やプロバイダに相談しましょう。

-IPV6対応について

Copyright© ドコモ光の評判はプロバイダで変わってきます! , 2018 All Rights Reserved.