*

IPV6対応について

IPv6でインターネットの通信速度が速くなるのはなぜ?

投稿日:

回線もプロバイダも乗り換えないで通信速度を速くするには

どうも、ドコ太郎です。

インターネットを使う上で、通信速度が速いに越したことはありませんよね。

通信速度が遅いと、動画は読み込みに時間が掛かりますし、
場合によっては再生が途切れ途切れになってしまいます。

最近は画像を使ったサイトがほとんどですから、
ネットサーフィンですら「重い」と感じことだって十分にありえます。

通信速度を上げようと思ったら、
回線やプロバイダを乗り換えるというのが一般的なやり方ですよね。

しかし実は回線もプロバイダもそのままで、
通信速度が大幅に速くなる可能性がある方法があるんです。

その方法とは、通信方式を現行のIPv4からIPv6に変えるだけ。

もちろん利用環境によってどれぐらいアップするかは違ってきますが、
中には20倍以上出るようになったなんて人も居るぐらいです。

20倍以上出るようになるのは稀だと思いますが、通信速度が速くなる可能性が
高いIPv6という通信方式について詳しく見ていきましょう。

IPv6だとなぜ通信速度が速くなる?

じゃあ通信方式をIPv4からIPv6に変えるぐらいのことで、
通信速度が速くなるのはどうしてなのかが気になりますよね。

まず現行のIPv4では、
ユーザーに割り当てられるIPアドレスが約43億個しかありません。

ちなみにIPアドレスというのは、文字通りインターネット上の「住所」のことで、
インターネットを使う際の身分証明書のようなものです。

インターネットが一般的に普及し、パソコンやスマホといった通信機器だけでなく、
テレビなどの電化製品もインターネットに繋がるようになっています。

現在の世界人口が約76億人と言われており、
その上1人で2台3台とインターネットに繋がる機器を持っているわけです。

そうすると使えるIPアドレスが43億個では当然足りませんし、
現状すでに枯渇状態となっています。

それに対してIPv6は、使えるIPアドレスが約340澗個。

聞いたことも無い単位が出てきましたが、「澗」は「兆」の6つ先の単位で、
「兆」の1兆倍の1兆倍となります。

地球上の河原に落ちている石1つ1つにIPアドレスを割り当てても余るぐらいの数で、
我々一般人からするといわゆる「天文学的数字」ですね。

IPv6ではIPv4に比べて使えるIPアドレスが多い上に、
IPv6を使っているユーザーがIPv4よりもまだまだ少ないんです。

高速道路で言うと道幅が広くて走っている車の数が少ないわけですから、
スピードが出せる(通信速度が速くなる)ということになるんですね。

混雑しやすい箇所が回避できる

IPv4で通信速度が遅くなるもう1つの原因として、
「網終端装置の混雑」が挙げられます。

IPv4を使った通信では、
インターネットに繋がる際に網終端装置というところを通らないといけません。

この網終端装置の処理能力がユーザー数に見合っていない場合が多いようで、
夜間など利用者が増える時間帯になると混雑しやすくなっています。

ETC導入前の高速道路で料金所付近を通過するのに時間が掛かったように、
網終端装置を通る時に時間が掛かり、結果的に通信速度が遅くなってしまうわけです。

設置者であるNTTも網終端装置の処理能力を増強しようとしているんですが、
コスト面の問題もあってなかなか進んでいないのが現状です。

IPv6を使った通信では、
この網終端装置を経由しなくてもインターネットに繋がるようになっています。

ボトルネックとなる網終端装置を通らなくて良いわけですから、
利用者の多い夜間などでも通信速度が落ちにくくなるんですね。

速度制限が無くなる

IPv4ではもう1つ、
「最大200Mbpsの速度制限」という通信速度を遅くさせる原因があります。

回線にはそれぞれ、通信速度の上限である「最大通信速度」というものがある
というのは知っていると思います。

光回線のフレッツ光や光コラボレーションだと最大1Gbpsですし、
同じ光回線でもNURO光だと最大2Gbpsまで出ます。
(1Gbps≒1000Mbps)

ところがIPv4では、この回線の最大通信速度は別に、
最大200Mbpsという速度制限が設けられているんです。

最大1Gbpsの光回線を使っていて、スピードテストなどで
実際に通信速度を測ってみると数十Mbpsしか出ていないということが多々あります。

いくら様々な要因で通信速度が減退すると言っても、
最大値の10分の1以下しか出ないというのは遅すぎますよね。

この「最大値の10分の1以下しか出ない」原因の1つが、
IPv4の最大200Mbpsという制限のせいだったんです。

IPv6ではこの速度制限が無くなりますから、1Gbpsとは言わないまでも、
大幅に通信速度がアップする可能性があるわけです。

IPv6にしても通信速度が速くならないこともある?

通信方式をIPv4からIPv6に変えれば通信速度が速くなると言うと、
必ずしもそうなるとは言えなかったりもします。

通信方式をIPv6に変えたのに、
IPv4の時とそれほど変わらないということも実際にありえると思います。

実はIPv6には
 ・PPPoE
 ・IPoE
 ・IPoE(IPv4 over IPv6)
という3つの接続方式があります。

この内の「PPPoE」は、現行のIPv4と同じ接続方式であり、
最大200Mbpsの速度制限が設けられたままとなります。

網終端装置は経由しませんから、
混雑に巻き込まれない分だけ通信速度がアップする可能性はあります。

しかし速度制限がそのままですから、
体感的にはIPv4とほとんど変わらないということになってしまいかねないんですね。

IPoE接続で速度制限は無くなるが・・・

同じIPv6対応でも、IPoE接続に対応しているプロバイダの方が
より通信速度がアップする可能性が高いと思います。

PPPoE接続では最大200Mbpsの速度制限が残っていましたが、
IPoE接続だとその速度制限も無くなります。

混雑しやすい網終端装置を通らない上に速度制限も無くなるわけですから、
いやがうえにも通信速度アップへの期待が膨らみますよね。

ただIPoE接続にも弱点が無いわけではありません。

実はIPoE接続で通信速度がアップするのは、
「IPv6に対応したコンテンツを使った場合のみ」なんです。

現状IPv4とIPv6の間には互換性がありません。

そのため、IPv4のみ対応のコンテンツをIPv6では使えませんし、
逆にIPv6のみ対応のコンテンツをIPv4で使うこともできないんです。

ちなみに、現状でIPv6のみ対応のコンテンツというのは恐らく無いと思います。

IPv4とIPv6の両方に対応しているのは
 ・Google
 ・YouTube
 ・Facebook
 ・ネットフリックス
 ・ウィキペディア
 ・IPv6対応プロバイダの公式サイト
ぐらいです。

それ以外の大多数のコンテンツは、今のところIPv4にしか対応していません。

こうしたIPv4のみ対応のコンテンツを使う場合には、
これまで通りIPv4での通信となりますから、通信速度もこれまで通りとなります。

IPoE接続で通信速度がアップするのは限られたコンテンツを使った場合のみで、
全体的に見るとIPv4とそれほど変わらないということになってしまうわけです。

IPoE(IPv4 over IPv6)なら通信速度大幅アップの期待大

IPoE接続の「IPv4のみ対応のコンテンツが使えない」という弱点を克服したのが、
3つ目の「IPoE(IPv4 over IPv6)」になります。

IPoE(IPv4 over IPv6)では、特別な技術により、
IPv4のみ対応のコンテンツもIPv6で使えるようになっています。

ほぼ全てのコンテンツがIPv6で使えるようになるわけですから、
PPPoE接続やIPoE接続より通信速度がアップする可能性が高いんですね。

ただIPv6対応を謳うプロバイダでも、
PPPoE接続やIPoE接続となっている場合が多いです。

IPoE(IPv4 over IPv6)に対応しているプロバイダは、少なくはないものの多くもないので、
場合によってはプロバイダを乗り換えないと使えないということになります。

IPoE(IPv4 over IPv6)対応のプロバイダは無い!?

色んなプロバイダの公式サイトを見ても、
IPoE(IPv4 over IPv6)対応と書いているところはほとんどありません。

だからと言って、
IPoE(IPv4 over IPv6)対応のプロバイダが無いということでもないんです。

実はIPoE(IPv4 over IPv6)は提供している事業者によって
 ・v6プラス
 ・v6オプション
 ・DS-Lite
 ・高速ハイブリッド
などの名前でサービスが提供されています。

厳密に言うとそれぞれに多少の違いはあるんですが、
IPv4のみ対応のコンテンツをIPv6でも使えるようになっているという点は同じです。

ちなみにIPoE(IPv4 over IPv6)に対応している主なプロバイダは
 ・v6プラス・・・So-net、@nifty、GMOとくとくBB
 ・v6オプション・・・BIGLOBE
 ・DS-Lite・・・IIJmio、ぷらら
 ・高速ハイブリッド・・・Yahoo!BB
などとなっています。

v6プラスは無料で利用できる場合が多いんですが、
DS-Liteや高速ハイブリッドは別途オプション料金が必要になる場合もあります。

IPv6が使えているかどうかを確認するには

IPv6対応のプロバイダと契約し、
オプションなどを申し込むことでIPv6が使えるようになります。

IPv6対応のプロバイダだからと言って自動的にIPv6が使えるようになるわけじゃなく、
別途申し込みが必要な場合もありますよ。

プロバイダにIPv6を申し込んでも、パソコンでIPv6を使えるようにしないといけません。

とは言え、OSがWindows7以降のものを使っていれば、
初期設定でIPv6が使えるようになっています。

プロバイダにIPv6を申し込み、パソコンの設定がIPv6を使えるようになっていることも
確認したら、あとは普通にインターネットに繋げばIPv6が使えているはずです。

でも、疑うわけじゃありませんが、
本当にIPv6が使えているかどうかは確認しておきたいですよね。

今使っているインターネットがIPv4で接続されているのか、
IPv6で接続されているのかを簡単に確認する方法があります。

検索サイトで「IPv6接続確認ツール」と検索し、
広告を除いて一番最初に出てきたサイトにアクセスします。

表示された画面中央に「IPv6で接続できているか確認する」というボタンがあるので、
クリックします。

すると画面が切り替わり、
ちゃんとIPv6が使えていると「IPv6で接続できています」というコメントが表示されます。

もしIPv6が使えていない場合には、
「IPv4で接続しています(IPv6で接続できていません)」というコメントが出てきます。

IPv6がちゃんと使えていない場合はどうすれば良い?

プロバイダにIPv6の利用を申し込み、パソコンの設定も確認したのに、
先の方法で確認するとIPv6が使えていないという結果が出ることもあると思います。

こういった場合は、恐らくWiFiルーターに問題があると思われます。

WiFiルーターがそもそもIPv6に対応していないか、
もしくはIPv6が使えるような設定になっていないことが考えられます。

10年以上前に発売された機種でも使っていない限りは、
IPv6に対応していないというのはちょっと考えにくいです。

ただメーカーによっては値段を抑えるために、
色んな機能を削っている可能性が無いとは言えません。

なのでまずは自分の使っているWiFiルーターがIPv6に対応しているかどうかを、
説明書やメーカーサイトで確認しましょう。

それでIPv6対応だったら、
恐らくIPv6を使えるような設定になっていないんだと思います。

WiFiルーターの設定変更の仕方は、メーカーや機種によって違うので、
説明書で確認するかメーカーに問い合わせてください。

-IPV6対応について

Copyright© ドコモ光の評判はプロバイダで変わってきます! , 2018 All Rights Reserved.