*

ドコモ光Q&A

ドコモ光のセット割はスマホがドコモ以外でも使える?

投稿日:

ドコモ以外のスマホユーザーがドコモ光を使うメリットは?

どうも、ドコ太郎です。

光コラボレーションが始まって数年経ちますが、光回線とスマホのキャリアを
合わせることでセット割が適用されるということがすっかり定着しましたね。

実際ドコモユーザーはドコモ光、auユーザーはauひかり、
ソフトバンクユーザーはソフトバンク光を使っている人が多いと思います。

では逆に言うと、光回線とスマホのキャリアを合わせないメリットってあるんでしょうか?

要するにauやソフトバンクなどドコモ以外のスマホユーザーがドコモ光を使うと、
セット割以上にお得なことがあるのかってことです。

そこでドコモ以外のスマホユーザーがドコモ光を使うメリットやデメリットについて、
詳しく見ていきましょう。

ドコモ光の料金は安くない?

ドコモ光の料金自体が安ければ、例え他社携帯を利用していてセット割が
適用されないとしても、お得と言えなくもないですよね。

ではドコモ光の料金はどうなっているかと言うと
 ・一戸建て・・・5,200円
 ・集合住宅・・・4,000円
となっています。
(プランAのプロバイダを利用した場合)

これだけだと安いのか高いのか分かりにくいので、
auひかりやソフトバンク光の料金と比較してみましょう。

まずauひかりの料金は
 ・一戸建て・・・1年目 5,100円
          2年目 5,000円
          3年目以降 4,900円
 ・集合住宅・・・タイプV 3,800円
          タイプE 3,400円
          タイプF 3,900円
          ギガ 4,050円
となります。

ドコモ光に比べると分かりにくいんですが、一戸建ての場合は利用開始から
1年ごとに100円ずつ安くなり、最終的に月額4,900円で利用できるということです。

集合住宅の方は配線方式によって料金が違い、それぞれ対応する配線方式は
 ・タイプV・・・VDSL方式
 ・タイプE・・・LAN配線方式
 ・タイプF・・・光配線方式(最大100Mbps)
 ・ギガ・・・光配線方式(最大1Gbps)
です。

auひかりの料金体系が少し複雑なので比較しにくいんですが、
一戸建ては僅かにauひかりの方が安いですね。

集合住宅は配線方式次第ですが、「ギガ」でも50円しか違わないので、
同じぐらいかauひかりの方が少し安いぐらいでしょうか。

料金も少し割高で、その上スマホとのセット割も無いわけですから、料金面だけを
見ればauユーザーはドコモ光を利用するメリットはほとんど無いと思います。

auは光回線だけだとセット割が適用されない

auユーザーはドコモ光よりauひかりを使う方がお得だと思いますが、
ただauユーザーがauひかりを利用する場合には注意も必要なんです。

実はauひかりとauスマホを一緒に使うだけでは、セット割は適用されません。

ドコモ光はドコモスマホと、ソフトバンク光はソフトバンクスマホと一緒に使うだけで
セット割が適用されます。

ところがauの場合は、auスマホとauひかりにプラスしてひかり電話も利用しないと
セット割の対象にならないんです。

ひかり電話は月額500円なので、
実質的にauひかりの利用料金はプラス500円になるということなんですね。

それでも、セット割でスマホ料金が安くなる分を含めると、
ドコモ光よりも安く利用できることには変わりありません。

とは言え、月500円負担が増えるわけですから、実際に割引額も
目減りしてしまいますし、何よりお得感が大きく損なわれてしまいますよね。

ソフトバンク光と比べてもドコモ光の方が高い?

auひかりは独自の回線を使ったサービスで、
フレッツ光の回線を使う光コラボレーションではありません。

なのでドコモ光と料金体系が違うのも当然なんですが、
では同じ光コラボレーションであるソフトバンク光の料金と比べるとどうなのでしょうか。

ソフトバンク光の料金は
 ・一戸建て・・・5,200円
 ・集合住宅・・・3,800円
となっています。

一戸建てこそドコモ光と同じ料金ですが、
集合住宅ではドコモ光よりも月200円だけですが安くなっています。

auのようにひかり電話もセットにしないといけないなんてこともありませんから、
料金面から見るとソフトバンクユーザーがドコモ光を使うメリットはなさそうですね。

フレッツ光からの乗り換えならドコモ光がお得な場合も

毎月の利用料金だけ見ると、
ドコモ光よりもauひかりやソフトバンク光の方がほんの僅かですが安くなっています。

なのでこれから初めて自宅に光回線を引くという場合は、
それぞれのスマホのキャリアに合った光回線を選ぶのがお得だと思います。

しかしフレッツ光から乗り換える場合は、
スマホのキャリアと合った光回線を選ぶのがお得と言い切れない部分もあるんです。

先にも少し書きましたが、
ドコモ光とソフトバンク光はフレッツ光の回線を使う光コラボレーションです。

対してauひかりは元々東京電力の「TEPCO光」を引き継いだものですから、
光コラボレーションではなく、独自回線を使ったサービスなんですね。

ですからフレッツ光から乗り換える際に掛かる費用が、
ドコモ光・ソフトバンク光とauひかりでは全然違ってくるんです。

フレッツ光からドコモ光やソフトバンク光に乗り換える場合は、「転用」の手続きを
するだけで、撤去や開通の工事が不要ですから工事費も一切掛かりません。

それだけではなく、契約期間中であってもフレッツ光の違約金が発生しません。

ただしフレッツ光で100Mや200Mコースを使っていて、乗り換えを機に
1ギガコースにアップグレードする場合は7,000円ほどの工事費が発生します。

ところがフレッツ光からauひかりに乗り換える場合は、転用というわけにはいかず、
フレッツ光を解約・撤去してauひかりを契約・開通することになります。

フレッツ光の撤去費用こそ掛かりませんが、解約時期によっては違約金が発生しますし、
当然auひかりの開通には工事費が掛かります。

ドコモ光やソフトバンク光の開通工事費は15,000~18,000円ですが、
auひかりの工事費は37,500円もするんです。

フレッツ光の違約金にauひかりの開通工事費、他にも事務手数料なども必要ですし、
フレッツ光からauひかりへ乗り換えると40,000円以上掛かることもあるんですね。

ドコモ光とauひかりの料金差で40,000円以上を埋めるには、
何年掛かるか分かりません。

ですからauユーザーでも現状フレッツ光を利用しているのであれば、
auひかりに乗り換えるよりドコモ光に乗り換えた方がお得なんですね。

プロバイダが選べるというメリットも

他社携帯のユーザーがドコモ光を利用するメリットとしてもう1つ、
「プロバイダを選べる」ということが挙げられます。

フレッツ光はプロバイダ料が別になっているので、指定プロバイダも無く、
好きなプロバイダを選ぶことができます。

しかし光コラボレーションであるドコモ光やソフトバンク光、
そして独自回線を使うauひかりもプロバイダ料込みのサービスとなっています。

なのでフレッツ光のようにプロバイダを自由に選ぶことはできず、
あらかじめ指定されているプロバイダしか選択肢がありません。

実はドコモ光は、ソフトバンク光やauひかりだけでなく、
フレッツ光以外の光回線サービスと比べてもプロバイダの選択肢が多くなっています。

ソフトバンク光はYahoo!BBのみで選択肢がありませんし、
auひかりは選択肢はあるものの7社からしか選べません。

auひかりの指定プロバイダにはビッグローブやSo-netなど大手も含まれていますが、
GMOとくとくBBなど比較的新しいプロバイダは含まれていません。

対してドコモ光の指定プロバイダは全部で26社あり、ビッグローブなどの大手は
もちろん、GMOとくとくBBなど比較的新しいプロバイダも含まれています。

さらには地域限定プロバイダもありますし、「タイガースネット」のように
特定のユーザーを対象としたプロバイダも選ぶことができるんですね。

基本的に料金は同じですが、プロバイダによってキャッシュバックなどの
キャンペーンが行われていたり、お得なオプションサービスが用意されていたりします。

フレッツ光から乗り換える場合でも、ソフトバンク光やauひかりだと
同じプロバイダを引き続き利用することができないということも十分にありえます。

しかしドコモ光であれば、主要なところは指定プロバイダに含まれていますから、
引き続き同じプロバイダを利用できる可能性が高いですね。

auやソフトバンクのユーザーは光回線の選択肢が多い?

auひかりやソフトバンク光は、
ドコモ光に比べるとプロバイダの選択肢が少なくなっています。

しかし、実はauやソフトバンクでは、auひかりやソフトバンク光以外でも
スマホとのセット割が適用される光回線があるんです。

ドコモのスマホユーザーは、セット割を利用しようと思うのであれば、
光回線の選択肢はドコモ光しかありません。

ドコモ光以外でドコモスマホとのセット割が適用される光回線が無いので、
ドコモユーザーはドコモ光を選ぶしかないわけです。

ところがauスマホだと、auひかり以外にも
 ・コミュファ光
 ・eo光
 ・ピカラ
 ・メガエッグ
 ・ビビック
といった電力会社系の光回線でもセット割が適用されます。

それだけじゃなく
 ・ビッグローブ光
 ・So-net光
 ・@nifty光
などの光コラボレーションでもOKなんですね。

先に、フレッツ光からauひかりへの乗り換えは金銭的負担が大きいのでお得じゃない、
というようなことを書きました。

しかしビッグローブ光などの光コラボレーションでも、
auスマホとのセット割が適用されます。

なのでauユーザーは、ドコモ光でなくても、こうしたセット割のある
光コラボレーションに乗り換えれば違約金も工事費も掛からずに済むんですね。

ソフトバンクの場合は、auほど選択肢は多くありませんが、
ソフトバンク光以外にもNURO光でセット割が適用されるようになっています。

NURO光は、関東・東海・関西とエリアが限られているものの、
最大2Gbpsのサービスだけにソフトバンクユーザーでも利用を検討している人も
多いんじゃないでしょうか。
(ちなみにドコモ光やauひかりは最大1Gbps)

ただしNURO光でソフトバンクスマホとのセット割を利用する場合は、
「NURO光でんわ」にも加入しないといけません。

NURO光でんわは、関東で500円、東海・関西で300円掛かりますから、
ソフトバンクスマホとのセット割が適用されてもお得感がちょっと薄れてしまいますね。

-ドコモ光Q&A

Copyright© ドコモ光の評判はプロバイダで変わってきます! , 2018 All Rights Reserved.