*

IPV6対応について

GMOとくとくBBはv6対応なのに評判が悪い?

投稿日:

GMOとくとくBBはドコモ光のプロバイダとして評判が悪い?

どうも、ドコ太郎です。

ドコモ光は光コラボレーションとしては珍しく、プロバイダの選択肢が多くなっています。

他の光コラボレーションはプロバイダが1つだけで選べないことも多いですし、
選択肢があっても数えるほどだったりするんですよね。

ところがドコモ光だと、指定プロバイダが26社ありますから、
使いたいあるいは使い慣れているプロバイダを選べる可能性が高くなっています。

そんな26社もあるドコモ光の指定プロバイダの中で、
常に人気上位となっているのが「GMOとくとくBB」です。

BiglobeやSo-netなどと比べると知名度では劣りますが、
独自のお得なサービスでこうした有名プロバイダを凌ぐ人気なんですね。

しかしネットでGMOとくとくBBについて調べてみると、
人気の割にあまり評判が良くありません。

プロバイダなどの通信サービスに限らず、商品やサービスに関する口コミを
投稿する場合にはどうしても「悪口」がメインになりがちです。

ある商品やサービスを使ってみて、事前に予想した通りの使い勝手だと、
わざわざネットに口コミを投稿しようとはあまり思いませんもんね。

また情報を受け取る側も、良いところを褒めてばかりの口コミより良いところだけでなく
悪いところに苦言を呈している口コミの方が信用できそうに思っちゃいますしね。

なのでGMOとくとくBBもネット上では、
評判が良くないように見えるのは仕方ありません。

そこで、GMOとくとくBBのどういったところが評判が良くないのか、
具体的に見ていきましょう。

GMOとくとくBBは使い物にならないほど通信速度が遅い?

プロバイダに対する不満としてやり玉に挙がりやすいのは、「料金」と「通信速度」です。

ただドコモ光はプロバイダ料込みの料金ですから、GMOとくとくBBに限らず、
どのプロバイダでも料金に関する不満の声はほとんど聞こえてきません。

料金に不満が無いとなると、一番の標的となるのは「通信速度」です。

実際ドコモ光でGMOとくとくBBをプロバイダとして利用しているユーザーからは、
通信速度に関して否定的な意見が数多く見られます。

通信速度に関する否定的な意見を拾ってみると
 ・夕方以降は1Mbpsも出ない
 ・夜間は良くても5Mbps程度
 ・GMOとくとくBBに乗り換えて前より遅くなった
 ・夜は激遅
 ・So-netも遅かったけど、GMOとくとくBBにしたら使い物にならないぐらい遅くなった
などなど。

ドコモ光は理論値だと最大1Gbps(≒1000Mbps)ですから、
夜間のピーク時とは言え5Mbps程度しか出ないのは確かに遅いですね。

5Mbps以下となると、ネットサーフィンやSNSでも「少し重い」と感じますし、
動画は画質を標準以下に落とさないと読み込みに時間が掛かってしまいます。

なのでネットの使い方によっては、
「使い物にならない」と言われるのも仕方ないといったところでしょうか。

「v6プラス」対応で通信速度は速いという評判も

ネットの口コミでは、GMOとくとくBBの通信速度は遅いという意見も多いんですが、
反対に速いという意見も決して少なくはありません。

GMOとくとくBBでは「v6プラス」というオプションが利用できるんですが、
特にこのv6プラスを利用しているユーザーは速いと思っている場合が多いようです。

v6プラスに関する詳しい説明はここでは省きますが、いわゆる次世代通信方式の
1つで、従来の通信方式よりも通信速度が速くなる可能性が高いと言われています。

実際GMOとくとくBBの通信速度に対する好意的な意見は
 ・測定結果が91.85Mbps、GMOにしたら速くなりすぎ
 ・So-netからGMOに変えたら、通信速度が1Mbps以下→30Mbps以上に
 ・めっちゃ速くてビックリ
 ・124Mbps!WiFi接続でこの速さ!!
 ・体感的に速くなった気がする
などとなっています。

ドコモ光とGMOとくとくBBはそのままで、v6プラスのオプションに加入しただけで
通信速度が速くなったという意見も見られました。

スマホなどのモバイル通信ほどではありませんが、やはり光回線でも利用する場所や
時間帯によって通信速度が大きく変わるということがあるようです。

GMOとくとくBBでv6プラスを利用すれば必ず通信速度が速いというわけでは
ありませんが、GMOとくとくBBだから遅いということもないと思いますよ。

GMOとくとくBBは通信速度が遅いとポイントが貰える

実際にGMOとくとくBBを使った感想として「通信速度が遅い」と言っているユーザーが
居るのも事実です。

しかしGMOとくとくBBは、
v6プラス利用時の通信速度には絶対的な自信を持っているようなんですね。

その自信の現れが「100Mbpsを下回ったら100ポイントプレゼント」のサービスです。

このサービスでは、GMOとくとくBBでv6プラスを利用し、指定の測定サイトでの
測定結果が100Mbps未満だった場合は100円相当のポイントが貰えるんです。

光回線とは言え、
通信速度の実測値が100Mbps以上というのはかなり速い方だと思います。

このサービスによって100Mbps以上出ることを保証しているようなものですから、
GMOとくとくBBがいかに通信速度に自信を持っているか分かりますね。

ただ「指定の測定サイト」での測定ですから、何か細工がされていて100Mbps未満が
出ないようになっているんじゃないかと疑いたくなりますよね。

指定されているとは言え外部の測定サイトですし、
特にGMOとくとくBBと関係のあるサイトだとも思えません。

万が一細工していてそれがバレた場合にはダメージが計り知れませんから、
100Mbps未満が出ないようなっているなんてことは無いんじゃないでしょうか。

ちなみにポイントが貰えるのは月に1回だけですが、毎月申請することができます。

ですから、変な言い方ですが、通信速度が100Mbpsに達しない限りは
毎月100ポイント貰い続けることができるってことです。

貰ったポイントは、ドコモ光の料金には充てられませんが、
GMOとくとくBBのオプション料金として使えますよ。

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンの評判が悪い?

新規・フレッツ光からの転用に関わらず、ドコモ光のプロバイダとして
GMOとくとくBBに申し込むと最大15,000円のキャッシュバックが貰えます。

他の光コラボレーションや光回線サービスで行われている
キャッシュバックキャンペーンに比べると、金額的にはそれほど大きくありません。

しかし20社以上あるドコモ光のプロバイダの中で、
キャッシュバックが貰えるのはGMOとくとくBBだけです。

実はこのキャッシュバックが、人気を押し上げている反面、
評判を悪くしている要因ともなっています。

お金が貰えるという話で、しかも他のプロバイダには無いキャンペーンなのに、
評判を悪くする原因というのもおかしいですよね。

このキャンペーンでは、単にドコモ光のプロバイダとしてGMOとくとくBBを
申し込めば良いというわけではなく、いくつかの条件を満たさないといけません。

その条件と言うのが
 ・GMOとくとくBBの公式サイトから申し込む
 ・指定の期日までにドコモ光を開通する
 ・開通の翌月末までにキャッシュバックの手続きを済ませる
 ・ドコモ光電話バリューを併せて申し込む
の4つです。

4つの条件の内、上の3つに関しては他社のキャッシュバックキャンペーンでも
課されることがある条件ですから、特に問題ありません。

問題は4つ目の「ドコモ光電話バリューに併せて申し込む」という条件です。

ドコモ光電話バリューが無料で使えるなら何ら問題ありませんが、
ドコモ光の料金とは別に月額1,500円のオプション料金が発生します。

少なくともキャッシュバックを貰うまでは使い続けないといけませんから、
実質的にキャッシュバック金額が目減りすることになるんですね。

この有料オプションへの加入という条件が、GMOとくとくBBの
キャッシュバックキャンペーンの評判を落とす要因となっているわけです。

ドコモ光電話バリューに加入しなくてもキャッシュバックは貰える

GMOとくとくBBで15,000円のキャッシュバックを貰うためには、
ドコモ光電話バリューに加入しないといけません。

じゃあドコモ光電話バリューに加入しないとキャッシュバックを貰えないのかと言うと、
実はそうじゃないんです。

先の4つの条件の内、最初の3つをクリアするだけでもキャッシュバックが貰えるんです。

ただしキャッシュバック金額が5,500円と、
ドコモ光電話バリューに加入した場合よりも10,000円近く減ってしまいます。

金額が減るとは言えキャッシュバックは貰えるわけですから、
他のプロバイダを申し込むよりお得なことにも変わりないですよね。

GMOとくとくBBの評判が悪いのはWiMAXのせい?

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンの評判が良くない要因として、
WiMAXの存在が挙げられると思います。

知っている人も多いと思いますが、モバイル回線であるWiMAXのプロバイダとしても
GMOとくとくBBは名を連ねています。

さらにWiMAXプロバイダのGMOとくとくBBとしても、
キャッシュバックキャンペーンを行っているんです。

最大40,000円以上が貰えるんですが、このWiMAXプロバイダとして行っている
キャッシュバックの評判があまり良くないんです。

GMOとくとくBBをプロバイダとしてWiMAXを使い始めてから1年経たないと、
実際にキャッシュバックを貰うことができません。

加えて手続き方法がややこしく、期限も短いので、
手続きをし忘れてキャッシュバックを貰い損ねる危険性が非常に高くなっています。

いくら高額キャッシュバックでも貰い損ねては意味がありませんから、
GMOとくとくBBがWiMAXで行っているキャッシュバックの評判は良くないわけです。

このWiMAXでの「GMOとくとくBBのキャッシュバックは貰い損ねる危険性が高い」
というイメージが強く、それがドコモ光の方にも影響を与えているのではないでしょうか。

ちなみに、ドコモ光でGMOとくとくBBが行っているキャッシュバックキャンペーンでは、
早ければドコモ光開通の翌々月にはキャッシュバックが貰えるようになっています。

GMOとくとくBBのWiFiルーター無料レンタルの評判が悪い?

GMOとくとくBBでは、
v6プラス対応のWiFiルーターを無料でレンタルできるサービスを行っています。

v6プラスを利用する場合には、WiFiルーターがv6プラスに対応していないと
通信速度アップなどの効果が期待できません。

新たにv6プラス対応のWiFiルーターを購入するとなると数千円から10,000円ぐらい
掛かってしまうので、無料でレンタルできるのは非常にありがたいですよね。

にも関わらず、
そのWiFiルーター無料レンタルの評判が悪いというのはどういうことなのでしょうか?

無料でレンタルできる点に不満を持っている人は居らず、
WiFiルーターが発送される時期に問題があるようです。

WiFiルーターが発送されるのが「工事日から7営業日前後」となっています。

そのためドコモ光開通後10日から2週間ぐらいはWiFiルーター無しとなるので、
評判が良くないわけです。

支払方法と申し込み時期次第でWiFiルーターはすぐに届く?

GMOとくとくBBのWiFiルーター無料レンタルで、
発送時期が遅いというのにはちょっとした勘違いがあります。

GMOとくとくBBの公式サイトをよく見ると、工事日から7営業日前後に発送されるのは、
 ・料金支払方法がクレジットカード以外
 ・WiFiルーター無料レンタルの申し込みがドコモ光開通工事の2日前以降
のいずれかの場合だけです。

料金をクレジットカード払いにして、開通工事の3日前以前に
レンタルを申し込んでおけば、WiFiルーターは工事日までに発送されます。

もちろんWiFiルーターが手元に届くのが工事日以降になることもありますが、
さすがに10日から2週間も待たされることはありませんよ。

こうしたことを知らずに、WiFiルーターの到着が遅くなったことに対して
不満を漏らしている人も多いのではないでしょうか。

-IPV6対応について

Copyright© ドコモ光の評判はプロバイダで変わってきます! , 2018 All Rights Reserved.