*

GMO

ドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」は人気と評判が比例せず?

投稿日:

GMOとくとくBBはドコモ光のプロバイダで1番人気

こんにちは、ドコ太郎です。

私は結構優柔不断なところがありまして、
複数候補の中から1つを選ぶ時に迷ってなかなか決められないことがあるんですよね。

最近も、スマホの機種変更を検討しているんですが、
どの機種にするか迷っているところです。

あまりに決められないので、機種変更するかどうかすら迷い始めてます・・・。

このようにいくつかの中から1つを選ぶ際に迷ったら、
とりあえず一番人気のものを選ぶようにしています。

フレッツ光からドコモ光に乗り換えた時のプロバイダ選びでは
ほとんど迷いませんでしたが、結果的に選んだのは1番人気のプロバイダでした。

ドコモ光の指定プロバイダ26社の中で1番人気なのが、
私も使っている「GMOとくとくBB」です。

ちなみにモバイルルーターサービスであるWiMAXのプロバイダとしても、
GMOとくとくBBは1番人気となっています。

これから詳しく紹介する特典やサービス内容を見れば、
何故1番人気なのかは一目瞭然。

優柔不断な私が迷うことなくGMOとくとくBBを選んだのも納得してもらえると思います。

GMOとくとくBBの評判は?

ユーザーである私がGMOとくとくBBをいくら良いと言ったとしても、
ただの提灯記事だと思われてしまいます。

そこでネットの口コミでGMOとくとくBBの評判を見てみたいと思います。

ネットの口コミを見る限りは、好意的な意見も多いんですが、
否定的な意見も少なからず見られます。

例えば
 ・ADSLより遅い
 ・夕方以降は1Mbps以下
 ・光を使ったナローバンド
 ・サポートが悪すぎる
 ・サポートは無いと思った方が良い
などなど、否定的な意見だけを見ると散々な評判です。

ただ通信速度に関する否定的な意見のほとんどが1年以上前に書き込まれたものです。

この1年以内に限った口コミでは、通信速度が遅いといったようなものは見られません。
(サポートに関しては多少ありますが・・・)

常時100Mbps以上が安定して出ている人も多いですし、実際私も何度か通信速度を
測りましたが100Mbpsを下回ったことはほとんどありません。

ドコモ光のプロバイダを比較したサイトでは、
「GMOとくとくBBがとにかく嫌いでないならオススメ」となっています。

もはや「GMOとくとくBBが嫌い」という心情的なことぐらいしか
否定するところが無いみたいですね。

IPv6対応で通信速度は問題無し

この1年でGMOとくとくBBの通信速度に関する評判が良くなったのには、
主に2つの理由があります。

1つはドコモ光の設備増強が進んだこと。

ドコモ光のサービス開始当初は予想以上に加入申込者が多く、
利用者数に対して回線設備が貧弱な状態が続いていました。

要するにGMOとくとくBBだから遅かったのではなく、ドコモ光全体が遅かったんですね。

この1~2年で設備増強が進み、ようやく利用者数に見合ったものとなり、
回線自体の通信速度が上がって安定するようになりました。

ドコモ光の通信速度がアップして安定したことが、
結果的にGMOとくとくBBの評判を押し上げたわけです。

それからもう1つは、GMOとくとくBBがIPv6に対応したということです。

IPv6は通信方式のことなんですが、
現在主に使われているIPv4に対してIPv6は次世代通信方式とされています。

では通信方式がIPv6に変わることと通信速度に関する評判が良くなることには
どういう関係があるのでしょうか?

IPv4には
 ・速度制限
 ・網終端装置の混雑
という通信速度を低下させる2つの大きな要因があります。

ドコモ光に限らずネット回線には、
最高の条件が揃ってもここまでしか出ないという最大通信速度が決められています。

例えばフレッツ光やドコモ光だと最大1Gbpsですし、スマホなどのモバイル回線だと
機種によって違いはあるものの大体600~700Mbpsぐらいでしょうか。
(1Gbps≒1000Mbps)

IPv4には、この回線の最大通信速度とは別に、
最大200Mbpsという速度制限が設けられています。

最大1Gbpsの回線なのにせいぜい数十Mbpsから100Mbpsぐらいしか出ないのは、
この速度制限が原因なんです。

それからIPv4では、インターネットに繋がる際に網終端装置というところを経由します。

利用者が増える時間帯になるとこの網終端装置が混雑し、
通信速度の低下を引き起こしてしまいます。

夜間に通信速度が落ちるのは、プロバイダ設備とともに、
網終端装置が混雑することが原因だったんですね。

通信方式がIPv6に変わることで、最大200Mbpsの速度制限は無くなり、
網終端装置を経由しなくてもインターネットに繋がるようになります。

IPv4で速度低下を引き起こす2つの原因を回避できるので、
IPv6では通信速度が速くなる可能性が高いわけです。

ドコモ光の設備増強で回線の混雑が解消されたこととIPv6対応で速度低下の原因を
取り除いたことで、GMOとくとくBBの通信速度に関する評判が良くなったんですね。

同じIPv6でもIPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)でないと意味が無い!?

最近IPv6対応のプロバイダが増えてきていますが、
IPv6対応だからと言って必ずしも通信速度が速くなるわけではありません。

一口にIPv6と言っても1種類ではなく
 ・IPv6 PPPoE
 ・IPv6 IPoE
 ・IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)
の3種類に分かれています。

1つ目のIPv6 PPPoEには、最大200Mbpsの速度制限が設けられています。

なので網終端装置の混雑に巻き込まれないので若干通信速度は速くなりますが、
速度制限のせいで大幅アップは見込めません。

IPv6 IPoEとIPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)だと、網終端装置も経由しませんし、
速度制限も設けられていません。

なので2つのいずれかに対応したプロバイダであれば、
大幅な通信速度アップが期待できます。

ただしIPv6 IPoEだと、「IPv6に対応したサイトやサービスを使った場合だけ」しか
通信速度はアップしません。

現在主流のIPv4と次世代のIPv6には互換性がありません。

ですからIPv4のみに対応したサイトやサービスをIPv6で利用できませんし、
逆にIPv6にしか対応していないサイトやサービスをIPv4で利用することはできません。
(現状IPv6のみ対応のサイトやサービスはありません)

現在IPv6に対応しているサイトやサービスは
 ・Google  ・YouTube  ・Facebook
 ・ネットフリックス  ・ウィキペディア  ・IPv6対応プロバイダの公式サイト
ぐらいです。

今のところほとんどのサイトやサービスがIPv4のみ対応で、
IPv6にも対応しているサイトやサービスの方が圧倒的に少なくなっています。

なのでIPv6 IPoEで通信速度がアップすると言ってもかなり限定的で、
体感的にはほぼIPv4と変わらないということになります。

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)であれば、
IPv4のみ対応のサイトやサービスもIPv6で利用できます。

ほぼ全てのサイトやサービスをIPv6で利用できますから、
通信速度の大幅アップが実感できるというわけです。

GMOとくとくBBはIPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応ですから、
間違いなく通信速度は速いですし、それを実感することもできるはずですよ。

GMOとくとくBBの通信速度に対する自信が現れたサービスがある

GMOとくとくBBには、
通信速度に絶対的な自信を持っていることが分かるサービスがあります。

それが「100Mbpsを下回ったら100円相当のポイントプレゼント」です。

文字通りのサービスで、指定の速度計測サイトで通信速度を計測して
結果が100Mbps未満なら100円分のポイントが貰えます。
(ポイントが貰えるのは1か月に1回だけ)

万が一利用者の大半が100Mbpsを下回る結果だったら、1人100円とは言え、
プロバイダとしては膨大な損失になります。

それだけGMOとくとくBBは通信速度に対して絶対的な自信を持っているということが
分かりますよね。

「指定のサイトなんだから、細工して100Mbps未満が出ないようにしている」
と思う人も居るかもしれません。

しかし指定サイトとは言え、GMOとくとくBBのためのサイトではなく、
完全な外部サイトですから細工はできないですし、していないと思います。

私も100円目当てに何度か測定しましたが、
今のところ100Mbpsを下回る結果が出たことがありません。

別の計測サイトでも測ってみましたが、誤差の範囲内の違いしかなかったので、
そのことからも細工していないことが分かりますね。

オプションサービスも充実

GMOとくとくBBはインターネットの使い勝手だけでなく、
オプションサービスも充実しているんです。

まずメールオプションですが、メールアドレス1つが無料で、
2つ目以降は有料なのが普通です。

実際ドコモ光の他のプロバイダでもこういうシステムのプロバイダが多いです。

ところがGMOとくとくBBは、メールアドレスが何と最大15個まで無料で使えます。

15個ですよ15個、家族全員が仕事用・学校用・プライベート用と使い分けても
余るぐらいの数じゃないですか。

次にセキュリティオプションは、マカフィーのセキュリティソフトが
通常月額500円のところ、利用開始から12か月間は無料になります。

しかも1つの契約で3台まで利用することが可能です。

とは言え無料期間が24ヵ月36ヵ月というところや1つの契約で
5台まで使えるところもあるので、これは特別お得というわけじゃありません。

しかし対応OSが
 ・Windows  ・Mac
 ・Android  ・iOS
となっています。

Androidまで対応しているところは多いんですが、
iOSまで対応しているサービスは結構少ないんです。

日本ではAndroidユーザーよりiPhoneユーザーの方が多いですから、
iOS非対応だとちょっと使いにくいですよね。

そしてサポートオプションですが、
ここがGMOとくとくBBの「アキレス腱」と言われているところです。

これまではサポートオプションが無く、
GMOとくとくBBの評判を下げる要因となっていました。

ところが2018年1月より、訪問サポートが利用開始から1年間初回に限り
無料で利用できるようになっています。

それとは別にサポートセンターも用意されていますから、
電話やメールによるサポートであれば何度でも無料で受けることができますよ。

高性能WiFiルーターが無料でレンタルできる

GMOとくとくBBでは、WiFiルーターのレンタルサービスも行っています。

そもそも回線やプロバイダがIPv6対応でも、
WiFiルーターがIPv6非対応だと何の意味もありません。

ですからIPv6対応のプロバイダで、
IPv6対応WiFiルーターのレンタルサービスを行っているのは珍しくありません。

珍しいのは、高性能ルーターが無料でレンタルできるということです。

通信速度は最大1.3Gbps、同時接続18台、推奨環境は4LDK又は3階建てという
ハイスペックルーターが無料でレンタルできるんですよ。

定価は14,300円で、通販サイトでも10,000円以上するWiFiルーターが無料なんです。

しかも通常使用の範囲内での故障や経年劣化の場合は、
無料で取り換えてもらうことができます。

自分でWiFiルーターを用意する手間もお金も必要無いわけですから、
これだけでもGMOとくとくBBを利用する価値があると言っても良いぐらいですね。

極めつけは最大16,000円のキャッシュバック!

これだけではまだ終わりません、
極めつけは何と最大16,000円の現金キャッシュバックが貰えるんです。

ドコモ光では、プロバイダに関係無く、
dポイントが貰えるキャンペーンが行われています。

ドコモ光のプロバイダで、ドコモ光が行っているもの以外の
独自キャンペーンを行っているところはほとんどありません。

しかもdポイントだと使い道が限られてしまいますが、
現金なら好きなことに使えますよね。

ただしキャッシュバックを貰うには条件があります。

1つはGMOとくとくBBのキャンペーンサイトから申し込むことで、
ドコモショップや家電量販店で申し込むと対象外となってしまいます。

それから「ひかりTV(2ねん割)」または「スカパー」への同時加入が必要です。

キャンペーンサイトから申し込むのはともかく、
別途料金が掛かるサービスの同時加入が必要なのは少し厳しいかもしれません。

キャッシュバック目当てで無理に加入する必要はありませんが、
有料放送の利用を検討しているなら魅力的なキャンペーンですね。

-GMO

Copyright© ドコモ光の評判はプロバイダで変わってきます! , 2018 All Rights Reserved.